気持ちのよい暮らしが、究極の練習である

「練習は嘘をつかない」とは、よく言われる言葉です。
一般的には、練習してきたことだけが本番で通用する、という意味で使われることが多いです。
でも、研究授業といった特別な授業、いや、いつもの普通の授業、いや、授業でもなく普通に子ども達と接する機会があります。

例えば、「おはよう」という朝の挨拶の場面。
例えば、プリントを配る場面。
例えば、掃除の場面。

こういった場面においても、気持ちのよい親切なあたたかい対応をしたいですね。
しかし、こういった場面の応対が本番なら、練習はいつなのでしょうか?
今、読んでいる本にヒントがありました。
(「科学的に元気になる方法集めました」文藝社 堀田秀吾)
以下、引用です。… 続きを読む