健康は幸せの8割くらいを決めている?

先日、人間ドックに行ってきました。
私だけかもしれませんが、人間ドックに行く前はかなり緊張します。それは、それまでの不摂生を、急にしおらしく反省するからです。もしかしたら、とやはり考えます。
でも、悪いところが見つかったら、さっさと治療を行えばよいのですね。
ですから、毎年、人間ドックにしおらしく向かうことにしています。

血液検査、レントゲン、腹部超音波、胃カメラ、眼底検査などを終え、注目の検査結果。… 続きを読む

タイマーでおいしい授業

この頃、料理をする際に、タイマーを使うことが増えてきました。できるだけ、レシピ通りに作ろうとしているのです。
これまでは、だいたい目分量で「だいたい、このくらいかな?」とか、「もういいだろう」と判断していたのですが、煮すぎてしまうことが多かったのです。煮すぎ=ぐちゃぐちゃです。圧倒的にまずいてす。
で、もう、自分を信用するのはやめました。私は、美味しく食べたいのです。

ですから、パスタのゆでる時間が7分と表示されていたら、きっちり7分でゆでることにしました。
スパゲティーのパスタをきっちり、電子ばかりで計ります。300 … 続きを読む

王様ドッジボール

昨日、厚木の小学校体育研究会に、体育の研修会の講師として呼ばれて、講座をしてきました。
集まったのは、体育が得意な若い先生たち。うだるような暑さの体育館で、3時間も、元気いっぱい体を動かしていました。もう、脱帽です。私にはできません。

さて、その研修会のプログラムの中に「ドッジボール」のプログラムがありました。
実は、皆さんお馴染みのドッジボールは、体育の教材としてあまり適していないのです。
なぜって、一見、盛り上がっているドッジボールのゲームをよく見てみると、一部の子しかボールに触っていません。ほとんどの子は、内野で逃げ回っているか、早々と当てられて外野に行って暇そうにしているか、どちらかなのです。… 続きを読む

自由研究発表会

私は、自由研究の発表会を夏休み明けに、必ず行ってきました。
そして、その発表会は、校長先生の許可を得て、臨時の授業参観として行っていたのです。
けっこう、にぎやかにたくさんの保護者が来ていました。きっと関心が高かったのだと思います。

自由研究の発表会を授業参観としてやるかどうかは別として、発表会を行うことは子どもたちに良い学習の場になったと思います。

1つは、自由研究をしたり作品を作ったりする学習だけでなく、「発表の仕方」の学習の場になったからです。… 続きを読む