ハンコの代わりに、A’やAAAを使いこなす

私は、先生に成り立ての若い頃、あの?「よくできました」「たいへんよくできました」「がんばりましょう」の3つのハンコを、手に入れました。
しかし、しばらくすると、そのハンコは使わなくなりました。
その経緯については、昨日のブログに書きました。

私は、その後、「よくできました」ハンコの代わりに何を使っていたのでしょうか。
それは「ABC」という表記なのです。このブログに何度も登場する向山洋一氏にならって、使い始めました。

さて、この「ABC」を、先のハンコに当てはめて示すと、こうなります。

A=たいへんよくできました
B=よくできました
C=がんばりましょう

です。

が、「ABC」の場合は、加えて、もっと微妙な評定ができるのです。… 続きを読む

「よくできましたハンコ」を使わなくなったわけ

ずいぶん前のことになりますが、私が先生になった「初任」の頃、先生たちにとっておなじみのハンコを買いました。

よくできましたハンコ

です。

このハンコは、私が「初任」になる以前から販売され、そして、今でも販売されているロングセラーです。
もう、幼児教育、小学校教育のアイテムの定番というか、文化的遺産というか、それくらいポピュラーなものです。

しかし、私はこの「よくできましたハンコ」を使いこなすことができませんでした。
なぜかというと、この「よくできましたハンコ」は3つでセットになっていたからです。… 続きを読む