手を洗っているうちに、ファンタジーの世界に行く子

担任していた1年生に、給食前、ずいぶんと時間をかけて手を洗う子がいました。
自分が給食当番でない時ならまだしも、給食当番の時にも同じように時間がかかり、「もう、みんな並んでいるよ」などと声をかけないとずっと手を洗っているのです。
のんびりすぎて、私は、何度も心の中で「早くしてよー」と言っていました。

ところが、この前も紹介しましたが、今「うちの火星人」という本を読んでいて、そこに、この子のように時間をかけて手を洗う子のことが書かれていたのです。
私は、そうだったのかと納得しました。

そこには、ずっと手を洗っているので、後ろに長い行列ができること、そばに行って肩をとんとんして声をかけるとはっと気付くことが書かれています。
なぜ、ずっと手を洗っているのかというと、この子は水に触れているうちに「ファンタジーの世界」に入ってしまうのです。… 続きを読む

時間調整のための花丸

昨日紹介した「花丸ヴァリエーション」は、子どもを「ほめるアイテム」です。
もちろん、教師が花丸を描きます。
しかし、「ほめるアイテム」としての花丸でなく、 「時間調整のアイテム」として、花丸を考えた人がいます。向山洋一氏です。

この花丸は、子どもが自分で描くのです。
「時間調整のアイテム」としての花丸は、このようなものです。

私には、時間調整をするために花丸を活用するという発想は、まったくなかったので、とても驚いた事を思い出します。
算数の時間、問題を早く解いてしまった子がこの花丸を描いている間に、まだ問題を解き終わっていない子は問題を解いたり、答えを写したりするのです。
こうすることで、さりげなく、それぞれの子が問題を解く終わりの時間をそろえることができます。そうすれば、次の問題にも、そろって取り組むことができるのです。
こんな個人差の埋め方を、私は知らなかったのでした。… 続きを読む