消しゴムを使わない生き方

おはようございます、渡辺喜男です。

「フリクションボール」という消せるボールペンが、かなり使われるようになってきました。
非常に便利で、お使いの方もいると思います。

しかし、先日、フランス教育についての本の書評を読んでから、私は「フリクションボール」を使わなくなりました。
(岩本麻奈著「フランスの教育・子育てから学ぶ 人生に消しゴムを使わない生き方」私はまだ読んでいません。)

それは、フランスの学校教育では、消しゴムを使わせないというのです。

試験の答案を鉛筆で書いたり、消しゴムで消したりするのを認めません。万年筆を使います。一度書いたものは、棒線で抹消するのです。 もちろん、試験のときだけでなく、授業でノートをとるときにも万年筆です。

フランスでは、学年が上がるにつれて、まずボールペンで、学年が上がるにつれて万年筆で書かせるようにするといいます。

なぜ消しゴム使わせないのか?
日本の学校教育とは考え方が違うのです。

間違ったことを間違ったままにする。間違ったことをなかったことにしない。

フランスの教師は、棒線で消された間違いを見て、正解に行き着くまでの子どもの丸ごとの思考の過程を見るのです。

フランスの教師は、結果・正解だけを知りたいわけではありません。

さて、
間違いを消させない、消しゴムを使わせない実践といえば、向山洋一先生の算数の実践があります。

間違ったら消しゴムを使わないで、大きく×をつけ、違うところにもう一度計算をする、そのような実践です。

ところが、この実践は決してすんなりといきません。このことは、やってみた方なら実感できることだと思います。

子どもたちは、先生の指示に従わず、すぐに消しゴムで消そうとするのです。間違いを消さず×をつけてやり直すというのは、非常に非常に抵抗があります。… 続きを読む

自分のことを知りたかったら、過去の自分・他と比べろ

おはようございます、渡辺喜男です。

誰に教えてもらったのかわかりませんが、調べ方の「鉄則」があります。
それは、

「自分のことを知りたかったら、過去の自分・他と比べろ」

です。

自分とは、私だったら「渡辺喜男」「教師」「日本」「神奈川県」「横浜」・・・ですね。

では、「日本の郵便」を例にして、調べ方を追ってみましょう。

日本の郵便と言うと、町の郵便局、赤いポスト、郵便配達をしている郵便局員、切手…が思い浮かぶと思います。

実は、その郵便局の中では、3つの会社が混じって存在しています。日本郵便株式会社 株式会社ゆうちょ銀行 株式会社かんぽ生命 いわゆる郵政3社です。結構わかりにくいですね。

では、郵便に限って、もっと調べていきましょう。

まず過去と比べます。

日本の郵便制度は、イギリスの「ローヤルメール」制度を手本に、明治時代初期、前島密が主導して創設されました。ちなみに、1円切手の肖像画は前島密です。

郵便制度は国営事業であり、「逓信省」という省庁が管轄していました。その逓信省が民営化されたのは、つい最近、2007年のことです。

〒のマークは、逓信省(テイシンショウ)の「テ」が元になっていることはご存知ですよね。

でも、近代的な郵便制度でなければ、もっと前の時代から通信制度がありました。そうです。「飛脚」です。

江戸時代、飛脚は馬と駆け足を交通手段としました。幕府や大名の飛脚、町人が利用した飛脚屋で、当時の日本国内における主要な通信手段でした。 とても高価で、一般庶民にはとても使えるものではなかったと言います。一部の裕福な支配層が使っていたのです。… 続きを読む

邪魔な広告は非表示 YouTube広告動画もスキッ プ

おはようございます、渡辺喜男です。

ネットにつないで、Yahoo!などを見るとき、広告がチラチラ動いて気になることありませんか?
同じく、YouTubeを見る時、すぐに見たい映像が表示されずに「5秒後にスキップできます」と表示され、5秒間広告動画を見せられて、イライラしたことありませんか ?

私は、そんな広告が気になり、イライラしつつも、対応する手だてを知りませんでした。
されるがままに、Yahoo!では画面右上で広告が動き、YouTubeでは5秒間じっと耐えていました。

ところが、「アドブロック」という、ブラウザソフトの拡張機能アプリがあることを知りました。
「Advertisement block」「広告ブロック(非表示)」ソフトです。

私が導入したのは、

Adblock Plus

という拡張機能アプリです。
私はブラウザソフトにchromeを使っていますので、拡張機能としてAdblock Plusを取り入れました。

Internet Explorer firefox opera などにも対応しているようです。… 続きを読む