「GRIT」 グリッドorグリット?

先日、ちょっとした?言い間違いを指摘されて、大変恥ずかしい気持ちになっています。
それは、今も、書店に平積みされているアンジェラ・ダックワースの「やり抜く力」です。
そう、「GRIT」です。

私は、ずっと「GRIT グリット」のことを、「グリッド」と言っていました。
「グリッド」では、GRID「格子」です。

「GRIT」は、(困難にあってもくじけない)勇気、気概、闘志なのです。
あ−、恥ずかしい。

そう言えば、子供たちもそうですが、先生たちも「ドッジボール」(ドッヂボール)のことを、よくドッチボールと言います。
「このボールは、どっちのチームのボールなのだろう」という言葉の意味に引っ張られたんだと思います。

しかし、ドッジボールの「dodge ドッジ」の意味は、「かわす」「避ける」です。
ちなみに、ドッジボールを漢字で書くと「避球」になります。

こんなのもあります。
「simulation シミュレーション」のことを「シュミレーション」と言う人がいます。
恥ずかしながら、私もそうでした。
趣味という言葉に引っ張られたのだと思います。

まだ、ありました。
「tethering … 続きを読む

ブスの25箇条

「清く、正しく、美しく」この言葉が、宝塚歌劇を作った小林一三氏の言葉だと知ったのは、つい最近のことでした。
私は、一般的な「標語」だと思い込んでいました。

その宝塚歌劇の音楽学校のレッスン場に、「ブスの25箇条」という張り紙があるのです。
それは、誰が書いたものかは詳しいことはわからないとされています。

ブスの25箇条
1. 笑顔がない
2. お礼を言わない
3. おいしいと言わない
4. 精気がない
5. 自信がない
6. 愚痴をこぼす
7. 希望や信念がない
8. … 続きを読む

マジックを演じる前に、現象を説明してはならない

マジックの種明かしについて調べていたら、「サーストンの3原則」なるものがあることを知りました。
マジックは授業に近いものがありますから、とても参考になります。

サーストンいう人はアメリカの有名なマジシャンですが、その「サーストンの3原則」は以下の通りです。

原則1「マジックを演じる前に、現象を説明してはならない」
原則2「同じマジックを2度繰り返して見せてはならない」
原則3「種明かしをしてはならない」

原則3「種明かしをしてはならない」は、昨日、解説しました。

原則2「同じマジックを2度繰り返して見せてはならない」ですが、少し、1回目のマジックと2回目のマジックのマジックに対する心構えを想像して下さい。

1回目は「いったい何が起こるのだろう」と出来事の不思議さを期待したり、驚いたりする心構えです。
しかし、2回目は違います。それは、「タネを見破ろう」という心構えです。これでは、手品のタネがばれてしまう可能性が高くなります。 やめておきましょう。

さて、
原則1「マジックを演じる前に、現象を説明してはならない」です。
ビックリ箱を相手に渡すとき、「この箱からヘビが飛び出しますよ」と言って渡す人はいませんね。

それと同じように、「この空っぽの紙袋からビール瓶を取り出します」という説明なしで、空っぽであることを見せた紙袋から、突然ビール瓶がでてきた方が見ていた人は驚きます。

授業も同じです。
授業の最初に、「めあて」と称してネタばらしをしてしまったら、子どもの驚きや感動はガクンと減ってしまいます。

なんでもかんでも、言われるまま、杓子定規にやればいいってものではないのです。… 続きを読む