勤務時間外の自動音声ガイダンス

大阪市の教育委員会が、小中学校に、勤務時間外の電話には自動音声ガイダンスで対応するよう通知しました。
民間企業や役所では、当たり前な自動音声ガイダンス。
この動きが、もっと全国に波及してほしいです。
毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180425/ddn/041/040/025000c

大阪市の教育委員会は、災害時や緊急時を除き、原則として小学校は午後6時〜午前8時、中学校は午後6時半〜午前8時の間、自動音声ガイダンスの対応にするよう、学校長に求めています。 この時間帯に学校に電話しても、自動音声が「受け付け終了」を告げ、「平日の午前8時以降におかけ直しください」と促します。
録音機能はありません。

これなら、夜7時過ぎに電話がかかってきて、「子どもが何を宿題にされたか、わからなくなったので教えてほしい」と言われ、当該教師は帰宅していて、困った困ったとオロオロしなくてすみます。 また、「団地の踊り場に中学生がいて、うるさい。なんとかしろ。」なんて、地域の方の理不尽な苦情にもつき合うこともなくなります。 そうそう、モンスターペアレントからの猛烈に長い、些細なことに対する苦情につき合わなくてよくなります。

ところが、
「保護者の急な相談に対応できなくなるとの困惑も広がっており」
とか、
「学校は子どもの生活も含めたセーフティーネットの役割を果たしており、時間で割り切れるものではない」
とかいう現状維持バイアスそのものの意見を表明する校長先生もいるのです。

もちろん、これまでやってきたやり方を変えるのですから、短期的には若干の問題や不満・不安が生ずると思います。

しかし、長期的にみて、日本全体としてみて、「労働時間を短くする」ことが私たちの幸せを向上させるのですから、そちらを目指すべきです。

きっと、たくさん、よいことが起こります。

ぜひ、この大阪市教委の取り組みを、たくさんの地域で広げてもらいたいです。… 続きを読む

「相槌を打つ」のイメージ

昨日の「・ ・ ・を打つ」の分類において、「相槌を打つ」と言う慣用句を示しました。
これをよくよく調べてみると、またまた私が勘違いして考えてイメージしていたことがわかりました。

私は、相槌=頷きだと考えてイメージしていたのでした。
これは、ひらがなにすると「あいづち」と「うなずき」です。なんとなく似てますね。
漢字だと違うことがすぐわかるのですが、この漢字を書くことはほとんどないと思います。

とにかく、私は、相槌=頷きだと考えてイメージしていたのです。
うなずくときに、あごでコンコンと「打つ」というイメージを持っていました。

しかし、「相槌」のイメージは違うのです。

「相槌(あいづち)を打つ」の語源
相鎚(あいづち)とも書く。相手の話に調子を合わせること。
鍛冶が鉄を鍛えるとき、師弟は向かい合い、師の打つ鎚に合わせて交互に弟子が鎚を打つ(向かい合い鎚、あいのつち)。ここから出た言葉。 weblio 
https://goo.gl/BrBBFU

江戸時代の鍛冶屋なのですね。
師匠と弟子とが槌(つち=ハンマー)を打って刀などを鍛えます。
師匠が槌を打つ合間に、弟子が槌を打っていました。
カンカンカンカンとリズムよく、弟子が槌を打つことを「相槌(あいづち)」と言うのです。

そして、… 続きを読む