「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に到着

6500万年前、地球上に君臨していた恐竜を滅んだのは、宇宙から飛来した小惑星がメキシコのユカタン半島に衝突したことが原因だったと言われています。 その小惑星は、地球と同様に太陽の周りを回っている地球近傍小惑星と呼ばれる小惑星です。
2018/06/27、小惑星探査機「はやぶさ2」が到着した小惑星「リュウグウ」は、まさしく地球近傍小惑星なのです。

一般的に、小惑星は、火星と木星の間に散らばっているものがほとんどです。
ところが、ごく少数ですが、そこからはずれて、太陽の周りを地球と同じような軌道で、楕円を描きながら回っている小惑星があります。 それが地球近傍小惑星で、「初代はやぶさ」が到着した「イトカワ」も、今回の「はやぶさ2」が到着した「リュウグウ」もそんな小惑星なのです。

ですから、もしかしてもしかして、「イトカワ」や「リュウグウ」が今後地球にぶつかる可能性だって考えられるんです。

さて、
私が今回、小惑星「リュウグウ」に関して、1番注目していたのはその形でした。
「初代はやぶさ」が探査した小惑星「イトカワ」の形にびっくりしたからです。

星の形というと、もう頭から「球体」だと思い込んでいた私にとって、あの落花生のようなあの形は衝撃でした。(ラッコとか枝豆という人もいます) そんな形のものが宇宙にあるのかと思いました。

ですから、今度の「リュウグウ」の形はどんな形なんだろうと思っていたのです。
それが、「はやぶさ2」からの映像を見ると、最初は球体に近いと言われていたのに、なんだかそろばんの玉のような形をしていました。 これって、私には思いもよらぬ形でした。

さて、もう一つ小惑星「イトカワ」にびっくりしたのはその大きさです。
「イトカワ」の大きさはどのくらいだというと、たった直径約330メートルなのです。
そんな小さいんだと思いました。
330メートルと言うと東京タワーですよ。
東京タワーの横に、巨大な落花生があると想像するとなんだかワクワクします。… 続きを読む

一律・強制の「給食指導」を排す

2018/06/26の産経新聞の教育コラム「解答乱麻」において、向山洋一氏が「行き過ぎた給食指導」について書かれています。 これは、私がこれまでメルマガで何度も触れてきたことです。
産経新聞 解答乱麻 http://www.sankei.com/column/news/180627/clm1806270005-n3.html

向山氏が、このコラムで、そして、これまでもくり返し述べているのは、「実際に食べること」と「食の指導」を分けて考えようということです。

「食の指導」とは、「もったいないこと」「いただきますの精神」「バランスよく食べること」「日本食のよさ」などを教えていくことです。

しかし、その指導が「実際に食べること」と結びつくと、
・もったいないから全部食べなくてはならない
・生き物をいただいていのだから全部食べなくてはならない
・バランスよく食べることが大切なのだから配膳されたものは全部食べなくてはならない
・・・
と考えて、体格も味覚の好みも発達段階も違う子たちを「全員一律」に「同じ量」で食べさせることになります。
それは、「無理強い」であり「強制」です。

そうではなくて、
一方で「食の指導」を行いつつ、その子の特性、発達段階などに合わせて、柔軟に実際に食べることを指導していくべきなのです。

向山洋一氏は、勤務していた学校の「教育課程の冊子」に、以下のように明記していたと述べています。

「躾(しつけ)はきちんと指導されなければならないが、それは『忘れ物をする』などのだらしなさが、個性の伸長等に妨げになるからである。従って躾は段階をふまえ、準備をしてする必要がある。過度に高い水準を実態をふまえず、一律に強いることは行わない。例えば、体罰、授業中・掃除時間にくいこむ食事の強制、学校に来るのがいやになるほどの指導は行わない。それにかわるよい方法を検討し実施する。人間は何にもまして大切であり、尊重されなければならないことを絶えず指導する」

これは、向山洋一氏が書いたものですが、生活を指導する基本は「個性の伸長」であることがよくわかります。

もし、栄養士の先生、給食担当の先生らが「全員に全部食べさせて下さい」「クラスで残さず食べて下さい」などと声高に言ったら、一律「強制」の指導でなくその子の個性に合わせた指導をしていくべきだと、きちんと反論してほしいのです。… 続きを読む

「極端回避性」バイアスを活用する

昨日話題にした「極端回避性」バイアス(心理的傾向・ゆがみ)は、学校現場においても現れます。
近隣の学校との「横並び」体質もそうですね。企業では差があった方がよいとされるのですが、学校はそうではないようです。

夏休みに入る日や夏休みが終わる日は、学校長の判断で決められるのですが、いつの間にか近隣の学校がみな同じ日程になっています。
これって、夏休みが他の学校より短いと、保護者から「短くて家族で過ごす時間がない」と言われるのではないか、逆に夏休みが他の学校より長いと、これまた保護者から「うちの学校は授業時間はだいじょうぶなのか」と突き上げられるのではないかと学校長が考えるからですね。 失敗を恐れての横並びなのです。

同様に、修学旅行の行き先も学年費の額も、なんだか、いつの間にか「横並び」になっているのです。
「無難」だけど、地域性に沿ったその学校の特色を出せるとは思えません。

さて、かつて教務として、通知表改定の提案をする立場に立ったことがありました。
そんなに大きな改定ではなかったのですが、その際、合わせて通知表に印字する文字のポイントを提案したのです。
とにかく、通知表に書く量が多すぎて、先生たちは悲鳴を上げていました。
それで、印字する文字のポイントを上げることで書く量(文字数)を減そうと考えたのです。

その時の通知表の文字ポイントは10.5でした。
私は3種類の通知表のサンプルを作り、その3種類のうちどれかを選ぶよう提案しました。

一つ目はこれまで同様の10.5ポイント、二つ目は12ポイント、三つ目は15ポイントです。
どれを校長先生はじめ職員は選んだと思いますか。
もちろん12ポイントです。

10.5ポイントは、これまで使っていたにもかかわらず「細かすぎるわねえ、よく見えない。」などと言っていました。
一方、15ポイントは「これは大きすぎますよ。保護者に何か言われちゃいますね。」と言っていました。
私は、もちろん最初から12ポイントをねらっていたので、「そうですか。皆さんがよいというので12ポイントにいたします。」と職員会議を終えました。

このような「極端回避性」バイアスの活用の仕方もあるのです。… 続きを読む