白と黄のチョークを主体に使います

私は、割と若い頃から、教室で使うチョークは白と黄色だけにしてきました。
それは、私の学生時代の知り合いに色覚障害の人がいたからです。

白と赤でなく黄色にしたのは、赤は暗くて色覚障害の人には見にくく、それに比べて黄色は見やすいという情報をどこかからか手に入れたからです。 担任する子供たちには、学年の初めに「これは黄色いチョークだけど、赤って言うよ。みんなが持っている赤鉛筆だと思ってください。」と言ってきました。

いろいろな色を使う先生もいましたが、私のクラスは使っていませんでした。色覚障害の人に見にくいということだけでなく、板書をカラフルにすることに全く興味がなかったからです。
ただ、年に数回だけ、それは、お楽しみ会と終業式・卒業式前日に「黒板を、いろいろな色のチョークで自由に飾っていいですよ」といろいろな色のチョークの使用を許可していました。その時以外は一切使っていません。

文部科学省の「色覚に関する指導の資料」には、このように書かれています。

板書
・黒板は明るさが均一になるように照明を工夫します。
黒板に直射日光が当たったり、蛍光灯の光が直接反射して見えにくいことのないように工夫します。
・黒板は常にきれいな状態に保ちます。
板書を消すときはよく消し、チョークの粉で汚れたりして見えにくいことのないようにします。
・白と黄のチョークを主体に使います。
黒板上に赤、緑、青、茶色などの暗い色のチョークを使用すると、見えにくいため、避けるようにします。
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/2470/00004402/sikikaku.pdf

ここに「白と黄のチョークを主体に使います」としっかり提示されています。

さて、
かつての勤務校のチョークは、あの「世界で一番幸せな会社」の日本理化学工業の製品でした。
日本理化学工業の製品の中には「eyeチョーク」というものがあるのです。
日本理化学工業のサイトにこう書かれています。… 続きを読む

新聞を読む習慣と学力との関係

文部科学省が、この7月31日、全国学力テストの調査結果を発表しました。
報道では、各都道府県や政令指定都市の正答率に注目した記事が多く出されています。
加えて、新聞を読む頻度とが学力を関連付けた記事も出ているんです。

 全国学力テストの意識調査で、新聞の読む頻度を尋ねたところ、小学生で6割、中学生では7割が読んでいなかった。他方、新聞を読む頻度が高いほど、国語、算数・数学、理科の平均正答率は高い割合を示した。
 各教科の正答率との比較では、「ほぼ読む」がどの教科でもトップだった。「週に1〜3回程度」「月に1〜3回程度」「ほとんどまたは全く読まない」の順で、成績は下がっていた。

時事通信社 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018073100974&g=soc
平成30年度 全国学力・学習状況調査 報告書 質問紙調査 http://www.nier.go.jp/18chousakekkahoukoku/report/question/

新聞を読む習慣と学力との間に「相関関係」があるということです。
ここで、勘違いしてほしくないのは、これは「相関関係」であって「因果関係」ではないということです。

うちの子に勉強ができるようになってほしいから、新聞をたくさん読ませようなんて考えるのはあまり意味がありません。
もちろん、新聞を読むことは推奨されることだと思いますが、新聞を読んだから勉強できるようになるわけではないのです。
それが「相関関係」であって「因果関係」ではないという意味です。

学問の世界では、「二つのことがらのうち、どちらかが原因でどちらが結果である」状態を因果関係があると言います。
新聞を読むという原因によって、学力が高くなるという結果がもたらされたなら、その関係は因果関係だと言えます。
しかし、「二つのことがらに関係があるが、その二つは原因と結果の関係にない」ものがあって、それを相関関係と言うのです。… 続きを読む