「スーホの白い馬」が代表作の大塚勇三さんが亡くなった

2年生の国語教材「スーホの白い馬」の原作者、 大塚勇三さんが18日に亡くなったと報道がありました。

もちろん、モンゴル民話を再話した「スーホの白い馬」が大塚さんの代表作です。
ところが、「長くつ下のピッピ」の翻訳もしていたと知ってびっくりしました。
「長くつ下のピッピ」を私は小さな時に読んでいたのです。それもシリーズで。

さて、
スーホの白い馬について、データベースを調べていくと、初めて教科書に載ったのは1973年(昭和48年)だということがわかりました。 現在の教科書にも掲載されてるので、もう45年間も載っていることになります。
レファレンス共同データベース
http://supervisor-ex.com/L90494/b100/12341

1 昭和48年 光村図書出版株式会社 しょうがくしんこくご 2年 下 スーホの白い馬 モンゴルみんわ 物語 2 … 続きを読む

「いじめが9月に一番多く発生する」という大津市の調査結果

これもまた、心地よい話題ではないのですが、ぜひ知っておいていただきたい情報なのでお伝えします。
滋賀県大津市の調査では、いじめが9月に一番多く発生していたのです。

滋賀県大津市と言えば、2011年に市内の中学校の当時2年生の男子生徒がいじめを苦に自殺するに至った事件があり、この事件が誘因となって「いじめ防止対策推進法」が制定されました。

さて、
いじめの月別の発生件数については、いろいろな調査があるようです。
4月の学級始めの仲間づくりの際に起こりやすいという調査や、10月頃の行事を仲間と一緒に行う時期が多いという調査もあります。

大津市の調査では、9月でした。
大津市がいじめに関するアンケート調査結果を2016年12月に発表した中に、いじめの「月別の発生件数」もあったのです。

添付したグラフをご覧ください。

このグラフを見ると、小学生も中学生も「とくにいじめを強く受けた時期」として「9月」を挙げた子が多いのです。
やはり、夏休み明けでストレスがかかり、あってはならないのですが、そのストレスが引き金になっていじめが発生するのかもしれません。

ぜひ、いじめのような不幸なことが起こらないように、その兆候をつかむ万全の体制をとってください。

9月1日前後の72時間が子ども自殺のピーク SOSの「受け取り方」に変化を
http://supervisor-ex.com/L90494/b100/12391

続きを読む

9月1日問題

子供の自殺が一番多い日。
それは、9月1日です。

9月1日問題と言います。
冬休み明けの2018年1月8日のメルマガでも話題にしましたが、夏休み明けに、学校に行くのが恐怖でしかたなく、思いあまって自殺する子供が多数いるという問題です。 今年はカレンダーの関係で、始業式が8月27日(月)か9月3日(月)の学校が多いと思います。
ぜひ、少しでも気になるお子さんがいたらアクションしてください。

9月1日問題。
添付したデータを見れば、一目瞭然です。
平成26年度自殺対策白書(抄) http://supervisor-ex.com/L90494/b100/12381

この白書には、このような記述があります。

・18歳以下の自殺者において、過去約40年間の日別自殺者数をみると、夏休み明けの9月1日に最も自殺者数が多くなっているほか、春休みやゴールデンウィーク等の連休等、学校の長期休業明け直後に自殺者が増える傾向があることがわかる。

・学校の長期休業の休み明けの直後は、児童生徒にとって生活環境等が大きくかわる契機になりやすく、大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすいと考えられる。

痛ましい子供の自殺を止めるため、鎌倉市図書館と上野動物園のメッセージを2018年1月8日に紹介しました。
長期の休みが明ける前に
http://supervisor-ex.com/L90494/b100/22381

私は、長期の休みが明ける前には、必ず、不登校気味だったり、学校に行きたくないとぐずった子に電話をかけていました。
さりげなく家庭訪問をしたこともありました。

そんな子は、白書が言うように、もしかしたら学校が始まるので、大きなプレッシャーを感じて不安になっているかもしれないと思ったのです。 ですから、子供と電話で話す中で、「大丈夫だよ。先生は待ってるから、安心して学校においで。」というメッセージを送っていました。… 続きを読む