大阪市の「学校安心ルール」 

このメルマガで、10/28に話題にした、文部科学省、平成29年度の「児童生徒の問題行動」の調査結果では、小中高校における暴力行為が過去最多でした。 特に、小学校の暴力行為が、急速に増えていることが調査結果でわかっています。

しかし、
全国的に見ると、小学生の暴力行為が増えている中、大阪市では、前年度と比べて241件も減っているのです。
「平成29年度 大阪市小中学校における暴力行為・いじめ認知・不登校数」
http://supervisor-ex.com/L90494/b300/13301

大阪市は、どのような施策を行ったのでしょうか。

大阪市では、2017年度に、「学校安心ルール 大阪市のスタンダードモデル」として、「やってはいけない行為」「学校としての対応」等を明示して、子供、保護者の理解を促してきたのです。

その「基本的な考え方」はこう示されています。

「学校安心ルールは、あらかじめルールを明示することにより、子どもたちがしてはいけないことを自覚したうえで、自らを律することができるよう促すことを目的として作成したものです。」

ここで、重要なのは、

「あらかじめルールを明示」

したことです。
これまで、当たり前のルールと考えられていた「人の物を勝手に使わない」や「落書き」は「してはいけないこと」だと明示したのです。 もはや、それは「当たり前」ではなくなってきたのかもしれません。

また、
もう一つ、重要なのは、

「してはいけないこと」をした場合の「学校等が行うことができる対応」を明示… 続きを読む

「ガッツポーズ」で元気になろう

ガッツポーズをしている人を見ると、元気でエネルギーにあふれているように見えますね。
ガッツポーズには、不思議な力があるのです。

エルサレム・ヘブライ大学のアヴィゼールらの研究によって、顔の表情よりも「身体のポーズ」の方が人の感情を判断する重要なポイントであることがわかってきました。 https://goo.gl/x2LLTZ

アヴィゼールらは、こんな実験をしたのです。

顔の部分をくり抜いた

・ガッツポーズの写真
・普通のポーズの写真


顔だけの

・勝って喜ぶ表情
・負けて悲しむ表情
・普通の表情

を合成写真として組み合わせます。
そして、そのいろいろな組み合わせの合成写真を人々に見せて、勝った・負けたを判断してもらいました。

すると、
表情に関わらず「ガッツポーズ」(勝利のポーズ)をした合成写真に、「勝った」という判断を多くの人々がしたのです。

私達は、表情よりも身体のポーズ・動きによって「勝敗」を判断しているのです。

これは、
ガッツポーズのような勝利のポーズをすることで、脳をポジティブな方向にもっていくことができるということです。… 続きを読む