「肉しかなーい」 ぎょうざジャンケン

先日、教育サークルで、次に開催する講座のアイスブレイクを検討していました。
そこで、あるサークル員が「ぎょうざジャンケン」を紹介してくれたのです。
試しにやってみたら、盛り上がったので、知ってる人もいるとは思いますが、紹介します。

ちなみに、このジャンケンは、勝ち負けではなく、揃ったり揃わなかったりしたことに、「過剰に」反応して楽しむゲームです。

ルールは、こんな感じ。

・3人組になって、ジャンケンをする。
ジャンケンの内容?は「グーが肉、チョキがにら、パーが皮」です。
「ぎょうざ、ジャンケン・ポイ」のかけ声で始める。

・以下、ジャンケンの結果によって、言う言葉が変わります。

・ジャンケンの結果がみんな同じ具材だったら、「○○しかなーい」と、残念そうに大きな声で言います。
例えば、グーとグーとグーだったら、「肉しかなーい」と言いながら手をあげる。

・ジャンケンの結果で、2つが同じ具材だったら、「○○がなーい」と、残念そうに大きな声で言います。
例えば、グーとグーとパーだったら、チョキがないので「にらがなーい」と、残念そうに大きな声で言います。

・グー、チョキ、パーのすべてがそろったら、「いただきます」と、大きな声で言ってからハイタッチして別れ、新しく3 人組をつくってくり返します。

ちなみに、1分間やって、クラスで何個ぎょうざを食べたかカウントする先生もいるらしいです。

ぜひ、やってみてください。きっと、盛り上がります。… 続きを読む

ドレミファソ・・こんにちは

「いやぁ、少し寝不足だな」とか「疲れてるな」という朝は、元気を出すために、挨拶するときに声を強めに出すようにしていました。

「ハイッ、おはようございます」

バンと教室中に私の声が充満した感じがしました。

これって、少しコツがあって、低い声で強く言うと、相手に暗い印象を与えますので、声のキーを上げるのがコツなんです。
どのぐらい上げるかと言うと、斎藤一人さんが上手に表現していますので紹介します。

「自分が評価されていないと感じるなら、まずは大きな声で話すこと。低い声だと聞こえにくいから、できるだけ声を高くした方がよい。 私の経験から言うと、「ドレミファソ」の「ソ」の音程がいいんです。
大きな声で、ちょっと声を高くして「ソ」の音程で話せば、それだけで印象が全然違ってきます。本当ですよ。こんな小さな事でも、自分を変えることができるんです。」 「変な人が書いたた人生の哲学」 斎藤一人

だまされたと思って、試しに齋藤一人さんの言うようにやってみてください。

ドレミファソ・・おはようございます
ドレミファソ・・こんにちは
ドレミファソ・・いただきます
ドレミファソ・・さようなら

全然、印象が違いますよね。

キーを高くして強めに言うようにすると、こちらのテンションが上がります。
意識してやって、子供より元気よくなりましょう。… 続きを読む

宿題の量は学年×10分が目安になる

2018/11/13

今年の1月、「宿題は学力向上に効果がない」というアメリカ発の情報が流れました。
しかし、これは全く逆の誤訳だったのです。

その元記事のリード文は以下です。

HOMEWORK HELPS STUDENTS SUCCEED IN SCHOOL, AS LONG AS THERE ISN’T TOO MUCH https://today.duke.edu/2006/03/homework.html

これは、

「宿題は、多すぎない限りは、学生が学校で成功するのを役立つ」… 続きを読む