「意識的な笑い」と「機械的な笑い」もストレスを軽減する

「実際の動作に脳は強い影響を受ける」という知見は、感情のコントロールにも役立てることができます。
心が落ち込みそうなときには、無理にでも「笑顔」を作るのです。

「楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔だから楽しくなるのだ」

と言われたことがあると思います。
これは、「名言ぽいこと」?ではなく、科学的な知見なのです。

日本健康心理学会における「笑顔によるストレスコーピングの検証」という太田英作・満倉靖恵氏の論文があります。
http://supervisor-ex.com/L90494/b300/13261

この研究の目的は、次のように書かれています。

「人間が持つ感情表現の中で笑いにはストレス解消の効果があると知られている。(中略)本研究では自発的な笑い、意識的な笑い、機械的な笑いの効果を比較検証することにより確認する。」

そして、笑いの種類3群と統制1群をストレス実験で比較しました。

a. 自発的笑い群 お笑い動画映像の試聴
b. 意識的笑い群 意識的に口角を上げる指示
c. 機械的笑い群 割り箸を口角に触れず咥える指示
d. … 続きを読む

「やる気になる」一番の方法は、「とにかくやり始める」こと

なんだか「この仕事やりたくないなあ」と、グズグズしてしまうことがありますね。
私にとって、一番グズグズしがちだったのが通知表づくりでした。
では、この「やる気にならない」心を、どうやって「やる気になる」心にしていったらよいのでしょう。

「やる気になる」一番の方法は、

「とにかくやり始める」

ことです。

当たり前のことを言わないでくれ、と言われそうですが、脳と体の関係を調べた実験から、

「実際の動作に脳は強い影響を受ける」

ことがわかっています。

「人はやり始めると集中する」

のです。

アメリカの生理学者のリベットが行った実験があります。

それは、すごく簡単に言うと、人が指を動かそうと意識するよりも先に、筋肉に指を動かせという命令が出ていることがわかった実験なのです。 ということは、筋肉の動きの命令を受けて、指を動かそうと意識したのだと考えられるのです。

これは、意識したから筋肉が動くのではなく、逆に、筋肉が動いたから意識が動くことを示しています。

「実際の動作に脳は強い影響を受ける」

ということです。

だから、少しでいいから、とにかくやり始めるのです。

私の場合は、通知表の特別活動の記録の部分を立ち上げ、係や当番は何か書き入れることにしていました。
すると、その子がやっている係活動の様子がふっと浮かび、それをメモのように書き入れていました。… 続きを読む