2,3,4,5の倍数の見つけ方を活用する問題

しばらく東急の電車に乗っていなかったら、あの日能研の「シカクいアタマをマルくする」がずいぶん更新されていました。
久しぶりに見た問題の中に、算数の難問に打ってつけの問題を見つけました。

それは、2018年聖光学院中学校入試問題です。

(問)1から6までの数字が書かれた6枚のカード[1][2][3][4][5][6]を並べかえて6桁(けた)の整数をつくります。 つくった6桁の整数の上から2桁が2の倍数、上から3桁が3の倍数、上から4桁が4の倍数、上から5桁が5の倍数、上から6桁が6の倍数になるものをすべて答えなさい。 https://www.nichinoken.co.jp/shikakumaru/201811_sa/

さあて、どうしますか。

これは、2,3,4,5の倍数の見つけ方を活用する問題ですね。
この見つけ方は、以下の通り。

2の倍数は、1の位の数字が偶数。
3の倍数は、全部の位の数字を足した数が3の倍数。
4の倍数は、下2桁の数が4の倍数。
5の倍数は、1の位の数字が0か5。

すると、

・5桁目は「5」

となり、それに伴って

・1桁目が「1」、3桁目が「3」
・1桁目が「3」、3桁目が「1」

のどちらかとなります。

もちろん、2桁目、4桁目、6桁目は「2」「4」「6」のどれかとなります。… 続きを読む

聖職者意識や『子どものために』といった教師のやりがいを搾取してきた

12/5、厚生労働省は、医師の働き方改革で残業規制を目指す案を示し、産経新聞がこの件について、記事を掲載しました。
それは、医師でなく「教師の働き方改革への視点」を与えてくれていると思います。

その記事のタイトルは、

医療蝕む「やりがい搾取」 過労自殺医師の「叫び」

http://supervisor-ex.com/L90494/b300/13471
です。

記事は、医師だった夫を過労自殺で亡くした妻の訴えを掲載しています。

「患者の命と医師の命を比べることはせず、最低限、医師が健康な生活をできるようにしてほしい」

そして、このようにも訴えているのです。

「聖職者意識や『患者のために』といった医師のやりがいを搾取(さくしゅ)してきた。医師個人に負わせるのではなく、医療体制全体で見直してほしい」

この訴えの医療の言葉を、教育の言葉に置き換えます。

患者→子ども
医師→教師
医療全体→学校教育

すると、

「聖職者意識や『子どものために』といった教師のやりがいを搾取(さくしゅ)してきた。教師個人に負わせるのではなく、学校教育体制全体で見直してほしい」

となります。

「先生なんだから、子どものために・・をすべきだ」という「無茶ぶり」で、仕事がどんどん増えてきています。
何が、私たちの本務なのか、よく確かめたいです。… 続きを読む