みんなで遊ぼう 先生も遊ぼう

私は、担任をしていた時、週に2回、「みんなで遊ぼう」という時間を設定していました。
「みんな」とは、クラスの「みんな」です。週に2回、中休みにクラス全員で遊ぶというものでした。

ですが、子ども達に「クラス全員、みんなで楽しく遊ぼうよ」と呼びかけるだけでは、そんなクラスの習慣・きまりが定着するわけではないのです。
そのためには、「先生」が必要です。
先生がそこに一緒にいて、一緒に遊ぶからこそ、みんな一緒に遊べるのです。

小学校の子どもたちにとって、「先生と遊ぶ」という言葉は、特に魅力的な響きをもっています。… 続きを読む

靴を揃える

学校にある靴箱(ついつい「下駄箱」という言い方をしてしまいます。)を見ていると、その子の心の状況がわかると言います。

子どもが落ち着いているときは、靴はだいたいそろって靴箱に入っているものです。
しかし、何らかいらいらし始めると、靴の置き方が乱れていきます。
靴がポーンと靴箱に投げ込まれるようになるのです。すると、かかとがそろわないどころか、重なったり、下手をすればひっくり返っていたりします。
おまけに、靴箱には靴以外のものが置かれるようになります。プリントだったり、消しゴムや石、よくわからないのですが、オタマジャクシのひからびたものだったりします。

こんな状況が、靴箱全体に広まれば、学級全体の荒れとなります。… 続きを読む

▢ー▢ー▢ー

いつも、年度初めの国語の授業で行っていた「言葉遊び」の授業です。どの学年でもOKです。
といっても、10分くらいの授業で、予定していた学習が早めに終わった隙間時間にやっていました。
一昨日書いたブログで、「ピーラー」を扱ったので、ふと思い出し、取り上げてみました。
楽しい授業です。

1 □ー□と黒板に書きます。

そして、コーラ ケーキ ソースなどと続けて書きます。
何も説明しなくても子どもたちはやることがわかります。… 続きを読む