山手線ゲーム

私の所属する教育サークルの先生が、なかなかクラスに溶け込めない子の担任になって、その子の得意なことを引き出すために、「山手線ゲーム」をやったと言っていました。 私は「山手線ゲーム」なるものをやったことがなかったので、どんなゲームが調べてみました。
すると、確かにあるジャンルに詳しければ、人気者、ヒーローになれるゲームだなと思いました。

「山手線ゲーム」、簡単で、しかも楽しそうです。
かなり有名なゲームらしいのですが、私みたいに知らない人もいると思うので紹介します。
ぜひ活用してください。

Wikipediaには、以下のように記述されています。

山手線ゲーム(やまのてせんゲーム)あるいは古今東西ゲーム(ここんとうざいゲーム)とは、宴会やコンパ、キャンプファイヤーの席で多人数で行うゲームの1つ。主に場の雰囲気を盛り上げるために行われる。 「山手線ゲーム」という名前は、お題として「山手線の駅名」がよく使われたことに由来する。
http://supervisor-ex.com/L90494/b300/13041

では、「山手線ゲーム」のやり方です。

・丸くなって座る
・お題を決める
(お題は誰でも知っている、正解・不正解が簡単にわかりるもの)
・参加者が1つずつ、時計回りに、お題に沿った答えを言っていく
 途中にポンポンと手を2回叩いて、合いの手を入れる
 4拍子でテンポよく、順番に言うようにします。
・同じ答え、あるいは答えが出なかったらアウト。
 テンポが乱れてもアウトです。

字面にすると複雑ですが、簡単です。… 続きを読む

「討論」と「討議」

「研究」と「研修」のように、よく混同される言葉に、「討論」と「討議」があります。
似ていますが、違うのです。
私は、ずいぶん混同して使っていました。恥ずかしい!

いつ、「討論」し、「討議」するかというと

研究会では「討論」します
職員会では「討議」します

まだ、ぼんやりしていますね。
では、言葉に沿ってみていきましょう。

討論は、真理を明らかにするために、論を討わせること
討議 は、方針を決めるために論を討わせ、議する(決める)こと

これなら、わかります。
要は、

「議する」

とことが重要なのです。
「議する」=「決める」ことがなければ、この「議」という言葉は使わないのです。

職員会議は、方針を決める場です。
もし、決められなければ「会議」ではありません。
「話し合い」です。

学校においては、きちんと使い分けています。… 続きを読む

「研究」と「研修」

私は、これまで、学校において研究担当・研究主任なる役をずいぶんやってきました。
しかし、実を言うと、その年度の学校の研究を推進するに当たり、それが純粋に「研究」の名に値するかどうかは、ひとまず置いていました。 それは、ほとんど「研修」だと考えていたのです。

「研究」と「研修」は似た言葉ですが、違うのです。言葉が違えば意味も違います。
分けて考えなくてはなりません。
例えば、計算の効果的な教え方を紹介し合ったり、学んだりするのは「研修」です。
しかし、新規な計算の指導方法を開発して試し、追求していくのは「研究」です。

ただ、学校においては、恥ずかしいことに非常にあいまいに使われてきたのです。
恥ずかしいというのは、他分野、例えば、医学や理化学、工学等の分野だったら、「研究」とはデータに基づく厳密なものだからです。

実は、
学校の研究においては、若い先生の研修も兼ねて行う意味合いが大きいのです。
少なくとも、私はそのように考えていました。
貴重な時間を使うのですし、研究としての内容はあまりないけれど、実質を求めるなら、若い先生の研修も兼ねて行うことでよしとしたのです。

皆さんの学校における「研究」なるものは、いかがですか。
「研修」の意味合いがどのくらいありますか。

ぜひ、「研究」と「研修」の違いを意識していきましょう。… 続きを読む