よく眠ることで、運動のパフォーマンスが向上する

全日本卓球選手権大会で、女子シングルスとダブルス、混合ダブルスの3種目で優勝した伊藤美誠選手が、睡眠について語っています。

通常は「8時間以上寝るのがベスト」という伊藤選手。しかし、大会が始まってから、試合スケジュールの関係で「7時間程度しか寝ることができない」と言うのです。

そして、こう言っています。
「本当は9時間欲しいです。家ではいつもそれぐらい寝ているので」と、自分にとっていかに睡眠が重要なのかと強調していました。 テレ東スポーツ
http://supervisor-ex.com/L90494/b300/13941

睡眠不足になると、脳の活動が低下するのは実感できますよね。
ですから、仕事能率の点からいうと、本当は忙しい時ほどよく眠った方がよいのです。

では、運動ではどうなのでしょう。
運動と睡眠は関係あるのでしょうか。

実は、
こんな研究結果があって、私はびっくりしました。

「スタンフォード大は2011年にもバスケットボール選手を対象に、睡眠がパフォーマンスに与える影響についての研究結果を発表している。
11人のバスケットボール選手に最初の2−4週間はいつも通り睡眠をとってもらい、次の5−7週間は10時間眠ってもらった。実験期間中はコーヒーやアルコールの摂取を避け、10時間の睡眠が取れなかったときには、日中に昼寝をしてもらった。」

この10時間の睡眠の結果は、次のようでした。

「そうすると82フィート(バスケットボールコートを1・5往復・80m)のスプリントのタイムが16.2秒から15.5秒に0.7秒短縮され、フリースローの成功率が9%上昇し、スリーポイントシュートの成功率も9.2%増だったという。 睡眠を十分とったあとは疲労レベルが低くなり、選手たちは試合や練習でのパフォーマンスが向上したと感想を述べたそうだ。」
谷口輝世子
http://supervisor-ex.com/L90494/b300/23941

睡眠時間を増やすことで、集中力が向上し、エラーが減り、運動のパフォーマンスが向上するという驚くべき結果だったのです。

ですから、
メルマガの冒頭で紹介した伊藤美誠選手は、よく眠ることで強さを保っていたことになります。

睡眠時間を確保することは、脳だけでなく体にとっても、活力を確保する最大の方法です。
自分の人生を充実させたいなら、もっともっと睡眠に気をつかいましょう。

One thought to “よく眠ることで、運動のパフォーマンスが向上する”

  1. 昨今、睡眠負債という言葉を聞くようになりました。
    とはいえ、眠る時間の確保のためには、仕事をテキパキこなすことはもちろん、
    楽しい遊びの時間も削らねばならぬわけで。

    でも、よく眠れば、テキパキこなせて、遊びのパフォーマンもあがるということなら、
    トントンということかしらん。
    う~む・・・

不二子 へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください