チョー簡単 自作作品バッグ

学年費が足りなくて、作品バックが買えません。
その場合、どんな方法で作品を返せばよいですか。
(くるくる巻いて返して、作品がぐちゃぐちゃになったことがあります。)

こんなQが、2/15の「冬の教え方セミナー」で出されました。
サークル員の誰かが答えたはずですが、あいにく私は他のことに関わっていて、そのQに対するAを聞いていません。
ですから、その場でのAとは違うかもしれませんが、メルマガの読者の中にも、作品バックが買えない貧しい(失礼!)学年費の状態の人がいるかもしれないので、私のAを書いておきます。

作品バックがまだ販売されていなかった頃、私は四つ切り画用紙を2枚使って、クリアファイルのような作品入れを作っていました。

画用紙をとめるのはガムテープ。
事務室からいろいろな色のありったけの布製ガムテープを借りてきて、それを使ってクリアファイルのように作るのです。

ガムテープの接着する面が長くなるので、一人では上手に作れません。
私は、班の4人の力を合わせて作るよう指示しました。

出来上がった後、もちろん、そこに絵を描かせました。

このクリアファイルの作品入れに、それまで保管してあった図工の平面作品、そして習字、プリントなど一切合切をまとめて入れるのです。

ただ、そのままだと、口がパカッと開いて作品がこぼれてしまいます。
ですから、作品を入れた後、開いている口を3カ所、ガムテープでとめました。
その上で、大きめのビニール袋に入れて持ち帰らせたのです。

この作品入れづくりに1時間ほど必要ですが、なんとか時間を捻出して、作ってみてください。

3 thoughts to “チョー簡単 自作作品バッグ”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください