「涙のハードルを下げる」

クラスに転校する子が出たとき、卒業生を送り出すとき、そんな「別れ」に際して、皆さんはどのような手だてを講じていますか。
私は、必ず「涙のハードルを下げる」手だてをとってきました。

私は、転校や卒業といった別れの際には、子供たちにできるかぎり「別れの感情」を味わわせたいと考えていました。

向山洋一氏が、こう言っています。

別れがあるから人の世は美しく
出逢いがあるから人の世はすばらしい

この言葉は、次のようにも解釈できるのです。

美しい別れがあるから
すばらしい出逢いがある

美しく別れることで、すばらしく出逢うことができるのです。
そして、
私は、美しく別れることは「別れの感情」を子供たちに十分に味わわせることだと考えていたのです。

さて、
「別れの感情」の代表は「涙」です。
ですから、別れに際して、子供たちに涙を流させたいと思っていました。

しかし、
何の手だても講じなけれは、子供たちは、感情に素直に従って涙を流すことをこらえたり、逆に泣いている子をはやし立てたりします。 これをやめさせて、「涙のハードルを下げる」ことが必要です。

小川幸一氏も、私と同様に、こんなふうに言っています。

「痛いとか悔しいとかで泣いてはいけないね。
でもね、感動したときや、人と別れることになって寂しい気持ちになったときの涙は、いい涙なんだ。
素直に涙を流しなさい。
じろじろ見たり、あっ泣いてるなんて言ったり、冷やかしては絶対にいけません。」

これだけで、涙のハードルは下がるのです。

4 thoughts to “「涙のハードルを下げる」”

  1. 涙を流すことは、かっこ悪いこと。流す人は面白い人。そんな考えで人生をずいぶん損してきました。新たな人と出会うときに背後にある別れを感じるからこそ、その出会いを大切に思える。もっと早く学びたかったです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください