1番いい鉛筆でテストをしなさい

低学年の子ども達に指導するとき、「こうさせたい」と思っても、ピタッとくる言葉が浮かばないことがあります。
そんなとき、次善の次善の次善の策として、便利な言葉があるんです。
それは、「一番いい・・・」です。

1年生など、時間がたつにつれて、だんだん姿勢が悪くなっています。机に上に、突っ伏す子も出てきました。
そんな時、こんな風に言ってみたことがありました。
「はい、1番いい姿勢になりなさい。」
とたんに、ピンとした背筋の伸びた姿勢になりました。

朝の挨拶。
ひとりひとり名前を呼んで、「はい」と返事をしてもらいます。
そんな時、こんな風に言ってみたことがありました。… 続きを読む

「大化の改新」の「大化」というのは元号

元号について調べていて、非常にはずかしいことに気づきました。
それは、「大化の改新」の「大化」というのは、元号だということです。
同じく、「享保の改革」の「享保」というのは、元号だということです。
私は、このことを全く知りませんでした。
中学高校の時に教わった社会の先生、元号のことを教えてほしかったなあ。

私はなんだか、「享保の改革」というのはガチガチの固有名詞だと思っていました。
徳川吉宗がやった財政再建ですが、イメージとして吉宗が「これから、享保の改革なるものをやるぞ」と、バーンと声高に行って始めたように捉えていました。 そして、「享保」というのは、なんだか重々しい意味のある言葉だと捉えていたのです。

ところが、これは単に「享保の年号の時」に行われた改革だったんですね。
なーんだ、です。… 続きを読む

「代替わり」だけでない改元の理由

来年、天皇陛下が4月末に退位し、5月1日に新天皇陛下が即位、合わせて「改元」が行われることが発表されました。
ただ、即位した日に「改元」年号が発表されると、例えば、カレンダー作成に関わる業界は大混乱になるでしょう。
そこで、「改元」年号は、2018年中に発表が予定されています。

私たちは、元号のことを、天皇陛下の在位期間を表す年号だと考えがちです。
しかし、天皇陛下の在位期間=年号というのは、明治になり、一世一元の制になってからのものなのです。
明治になり、改元は、天皇の即位の時にだけ行われるしきたりとなりました。
これを、天皇の代替わりによって行われる「代始改元」(だいがわりかいげん)と言っています。

その他の改元は、代替わりではなく、次の三つの理由によって意図的に行われました。
一つ目の理由は、吉兆が現れたからです。
これを「祥瑞改元」(しょうずいかいげん)と言います。… 続きを読む