略日本地図(関東・中部)

「略日本地図の書き方」の続きです。
大きさ・形 に目をつぶって、位置関係だけを重視した「略日本地図」に慣れていただけましたか。

今日は、関東と中部です。
関東地方は、「茨城、栃木、群馬」の東西のつながりと「埼玉、東京、神奈川」の南北のつながりが特徴なんです。

千葉の形に注目です。
では、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川を言ってみてください。

次は、中部地方です。
中部地方は、略図を考えるには、大きさが違いすぎて、非常に悩ましいです。… 続きを読む

略日本地図(四国・九州)

「略日本地図の書き方」の続きです。
それにしても、自分の住んでいる地方以外は、都道府県がどうつながっているか、なかなかわからないものですね。
(鳥取と島根、わかりましたか?)

今日は、四国と九州です。
まずは、「四国地方」です。
四国地方の略地図には、二つのタイプがあります。高知県をどう位置づけるかで、タイプが分かれるのです。
私は、これまで、左の図のように、四分割タイプで教えてきました。が、どうも、右の図のように、高知県が張り出しているタイプの方が実感に近いかなと思い始めています。
皆さんは、どちらを選びますか?
また、徳島、香川、愛媛、高知はどこか、言ってみてください。

次は、「九州地方」です。… 続きを読む

略日本地図(北海道・東北・中国)

「楽しく都道府県名を覚える」というミニ講座をやりました。
その中の一つに、「略日本地図の書き方」がありましたので、紹介します。

子どもに略日本地図を書かせることで、都道府県同士の位置関係を覚えてもらいたいのです。
ただ、いきなり日本全体を書かせても無理ですので、各地方ごとに書かせていきます。
(その順番ですが、住んでいる県によって覚えやすい順番があると思います。今回は、神奈川県の学校だったら、という前提で示します。)

まずは、「北海道地方」です。
これは、簡単です。正方形を斜めに書けばよろしい。

次は「東北地方」です。… 続きを読む