麻疹(はしか)抗体もってますか

用事があって、神奈川大学に行ったら、麻疹(はしか)についてのポスターが大々的に掲示してありました。
タイトルは「麻疹(はしか)抗体もってますか」です。

麻疹(はしか)が沖縄を始めとして、流行しています。
麻疹(はしか)が怖いのは、麻疹(はしか)は、空気感染をする非常に強力な感染症のため、教室などで感染者と同室になった場合、抗体のない人はほぼ100%の確率で発症するということです。

ただし、麻疹(はしか)の抗体をもっている人はかかりません。
そこで、予防接種によって、人工的に抗体をもってもらう制度ができました。

ここで、微妙なのは、麻疹(はしか)の予防接種が1回だった人がいることです。

実は、麻疹(はしか)ワクチンは、1978年から定期的な接種となり、子ども達に接種がされたのですが、当初は1回だけの接種とされていたのです。 しかし、1度だけの接種では免疫がつかない人が、5%未満存在することが、後になって判明しました。

麻疹(はしか)ワクチンの2回接種は、2006年からです。
また、同時にその時点で、中学1年生と高校3年生に追加で2回目のワクチンを接種しました。

とすると、その時点で、高校を卒業している人達には、2回目の接種がなされなかったことになります。
これが、現在26歳以上の人達なのです。

なお、40歳以上の人達は定期接種でワクチンを接種する機会がなかったのですが、多くの人が、はしかに自然感染しているため、麻疹(はしか)の抗体をもっています。

すると、ワクチン接種1回の「空白地帯」は26歳から39歳となるのです。
ぜひ、母子手帳を見て、予防接種の回数を確認しましょう。

ちなみに、予防接種は

MMR(麻疹:measles、おたふく風邪:mumps、風疹:rubella)ワクチン
もしくは、
MR(麻疹:measles、風疹:rubella)ワクチン… 続きを読む

ちぎれたお札は交換できるか

セミナーに参加した方から、セミナー代として「これでいいですか」と言われて受け取ったのは、一部がちぎれた1万円札でした。
写真のように一部がちぎれただけだったので、「いいですよ」と受け取り、おつりをお渡ししました。

さて、後日、銀行に行ってきちんとしたお札と交換してもらえたのでしょうか。

私は、平日の昼間、銀行に行きました。
あいにく窓口が混んでいたので、少しばかり思案しました。
このちぎれたお札、ATMを使って自分の口座に入金してしまい、その場で引き落としすればいいと思ったのです。

すぐに、ATMを使い、お札を入れて入金の手続きをしようとしました。しかし、このお札は預けるできませんと表示されるのです。 日本のATMを恐るべしです。
念のため、もう一度やっていましたが、同じ結果でした。
日本のATMは優秀です。

いやいや、仕方がないなと窓口に並びました。
そこで行った手続きは、1万円のお札を1万円のお札に両替することでした。
変な感じですが、両替という手続きになるのです。
これでめでたく、普通のお札を手にすることができたのでした。

さて、
少し気になったので、どこまでちぎれていたら両替してもらえるのか調べてみました。

破れてしまったお札の交換・両替については一定の基準があります。
日本銀行のサイトにきちんと明示されています。
ちなみに、お札の正式名称は「日本銀行券」です。

「損傷銀行券の引換基準」… 続きを読む