目線を合わせて「じっと」見続ける

授業中、子供に目を合わせて、「あなたに話しているよ」「あなたのことを見ているよ」といったメッセージを送ることができます。 子供に目を合わさない先生の授業は、指示がきちんと伝わりません。
目を使ったノンバーバルなコミュニケーションは、思ったよりも強力なのです。

教育トークライン2020年7月号で、谷和樹氏が「授業のベーシックスキル6 授業での対応・応答」という論考で、「目線を意図的に合わせる」とことについて書いています。

この谷和樹氏の原稿は、一般的な授業において子供と目を合わせることではありません。それは、やんちゃ度が高い子に対する対応なのです。 「目を使って制止する」とか「目を使って指示する」とかいう強い対応です。

そのやり方の基本は、このようだと谷氏は言います。

「基本はこれだ。
「目線を合わせて「じっと」見続ける」… 続きを読む

個人面談の組み立て

今年は、コロナウイルス対策のために家庭訪問を実施する学校はほとんどないと思いますが、個人面談を実施する学校は多いと思います。 やはり、担任した子供を育てていくに当たって、基礎情報を極力手に入れておくべきだし、保護者との信頼関係を面談を通して作っていくべきです。

そうは言っても、当然限られた時間の中での面談です。一人当たり15分〜20分というところでしょう。
これが、なかなかコントロールできずに、時間内で面談が終わらず、のびのびになって次に待っている保護者に迷惑をかけたことはないでしょうか。

個人面談の組み立てを、教育トークライン2020年7月号に井戸砂織氏が、このように紹介しています。

1 まず、保護者に、気になっていることなどがあれば言ってもらう。
2 教師が子供の良いところを具体的にたくさん伝える。
3 … 続きを読む

「何なら列を2列にしてマルをつけてやります」

2020/07/08

「問題が解けたら、先生に見せにいらっしゃい」と言ったら、いつの間にか、ずらっと並んでしまったことないですか。
この状態は極めて危険な状態なのです。

向山洋一氏は、このように子供たちが列を作った状態を「学級崩壊の亡霊が出てくる」と、教師にとってぞっとするような言い方をしていました。
その理由は、このようにずらっと並んで待っている状態は何をしていいかわからない空白の状態で、子供達はおしゃべりをし、時にはケンカをして、教師のコントロールからしだいに外れていくからです。

「学級崩壊の亡霊」。
教育トークライン2020年7月号に、このような状態になってしまった門馬政博氏の体験が書かれています。

「しかしノートを持ってくる子供達の速さに私の丸つけが追いつかないのである。そのうち列ができ、やんちゃな K 君が横から割り込みをした。割り込まれたN君が文句を言い始め、この二人を起点にして教室中が騒然となっていった。まさに向山氏の指摘する「学級崩壊の亡霊」が出てきたのである。」… 続きを読む