「チューリップのエプロン」による認識効果はあまりない

昨日のメルマガでは、初めて一年生を担任することになって、先輩の先生達に1年生を担任するにあたってのポイント・コツを聞いて回った話をしました。 その先輩の話の中に、こんなことを言った先生がいたのでした。

「1年生は、担任の先生のことをすぐ忘れちゃうから、何か目印になるようなもの身につけといた方がいいわよ。」

私は、この話を聞いて、「なるほど、そういうこともあるのか」と思ったのでした。

そして、家で奥さんと相談して用意したのは、チューリップのエプロンでした。
大きなチューリップが、ドカンと刺繍されたエプロンなのです。

入学式の日、1年生に、

「困ったことがあったら、助けてあげるよ」

こう言って、チューリップのエプロンを身につけて見せたのです。

「チューリップの渡辺先生だよ。しばらくこのエプロンをつけているからね。」… 続きを読む

初めて1年生担任をすることになって、まずやったこと

3月28日の土曜日、新年度に1年生を担任する先生向けの教え方セミナーを、NPOの仲間と開催しました。
セミナーと言っても、もちろんオンラインのセミナーです。

初めて一年生を担任するという若い先生もたくさんいて、けっこう緊張して不安の様子でした。

私は、2校目の学校で高学年を繰り返し担任していたのですが、実は毎年、1年生担任をやりたいと希望は出していたのでした。

それがついにかない、教師経験11年目にして初めての1年生担任をすることになって、まずやったことは何でしょうか。
それは、職場の先輩たちに、いろいろ聞いてみることでした。

私は、
「1年生を担任することになって、大切なことは、コツは何ですか」
と聞いたのです。

帰ってきた言葉は、… 続きを読む

しくじり 尿検査の袋と容器を配り忘れた

しくじりました。22:51に配信していないことに気づきました。申し訳ありません。

昨日の「しくじり」は他の方からのものでしたので、自分の「しくじり」も発信しなくてはいけませんね。
私が、「先生のしくじり体験を教えてください(軽いやつ)」で答えたのは、次のことです。

教師になって7年目くらいの時のこと。
「さようなら、また明日ね。」と帰りの挨拶をして、元気よく子供たちが帰っていきました。
「やれやれ、今日もやっと終わった」と子供達を帰し、しばらく教室に残って提出されたノートを見ていて、視線をずらすと、テレビ横の机の上に置いてある箱が目に入ってきました。

あっ、いけね。配るの忘れた!

箱には、尿検査の袋と尿を入れるプラスチック容器が入っていたのです。
子供を帰すのに心がいっぱいで、すっかり忘れてしまいました。

どうしよう。頭がくるくる回ります。… 続きを読む