過干渉は「あなたはできない」 「あなたには能力がない」という無言の メッセージ

昨日は、「カーリング育児」=「過干渉育児」「過干渉教育?」が、子供から奪い取ることを話題にしました。

それは、
・問題解決能力
・コミュニケーション能力
・危機管理能力

でした。

そもそも、過干渉をする親は、先回りして障害を取り除いたり、口出しすることで、ある無言のメッセージを子供に送っているのです。 それは、

「あなたはできない」
「あなたには能力がない」… 続きを読む

「先回りする親」に育てられた子供

親が「先回り」して、子どもにとって障害になるものを取り除いたり、手出しをしたり、口出ししたりする育児のことを、

「カーリング育児」

ということを紹介しました。
まあ、「過干渉育児」というか「過干渉教育?」というか、そのような関わりです。

では、そのような「先回りする親」に育てられると、子供はどんな影響を受けるのでしょうか。

これまでも紹介した課題図書の「みんなのためいき図鑑」(村上しいこ作)では、「加世堂さん」は教室に入れず、保健室登校をしている設定になっています。 何が原因で、保健室登校になったのでしょうか。

考えられるのは、

・ちょっとした失敗や困難が乗り越えられなくなる
・自分の意志を伝えたり、相手と調整して合意形成したりが苦手になる… 続きを読む