「とにかく足並みを揃えて」に納得できません

私は、子供の興味や意欲を高めたり、理解を深めたりするために、それなりに、パワポを使った授業コンテンツを作っていました。
加えて、教育サークルの仲間が作ったコンテンツが良いと思えば、それを分けてもらっていました。

だから、けっこうパワポを使った授業は多かったと思います。

ところが、Twitter に「先生がパワポで授業をしてると自分のクラスの生徒が羨ましがって困る」と年配教員に言われたということが発信があったのです。

Childish Teacherのツイート
https://em-tr271.com/L90494/b300/118431

「『先生がパワポで授業をしてると自分のクラスの生徒が羨ましがって困る』と年配教員に言われたため、『作成したパワポのデータはいつでも共有するので使ってください』と伝えたところ、『パワポなんて今まで使ってないから使わない』『とにかく足並みを揃えて』と言われましたが…全然納得できません。」

この発信を読んで、私は、もう怒り心頭?になりました。… 続きを読む

飼育しているうさぎをペットホテルに

この夏休み、横浜市の学校では、2週間の閉庁期間が設けられました。この期間は、日直もおかず、全くの無人状態の学校でよいことになっていました。

この閉庁期間の設定は、これまで、0日だったのが1週間になり、1週間が2週間になってきて、ほんとうにきちんと休める期間が確保できるようになったと思います。

しかしです。
2週間の休みで、困ったことがあります。
それは、学校で飼育している小動物、うさぎたちなのです。

うさぎの世話はこれまで、飼育委員会の子や、日直の先生が行ってきました。
しかし、閉庁期間が設定されて、そんな子や先生を頼りにすることができなくなりました。

結局、学校の近隣に住んでいる先生が、交代で3日に1回くらい、うさぎ小屋の掃除、餌と水やりをすることになったのです。これは、勤務外なので、ボランティアの扱いですね。

ですが、先日、教育サークルの集まりで聞いた話だと、ある学校では、この閉庁期間に、うさぎをペットホテルに預けたというのです。

これって、お金がかかりますが、英断?だと思いました。… 続きを読む

音読練習用の丸の大きさを揃える

国語の教科書の音読指導において、音読カードを使うやり方をする先生たちがいます。
しかし、私は、もっと簡易に、教科書の題名の横に丸を十個書かせて、それを塗るやり方を私はしていました。
向山洋一氏に学んだやり方ですが、一回読むたびに、その丸を赤く塗っていくわけです。

ただ、

「教科書の題名の横に、丸を10個かきなさい」

と指示すると、子供によってはいろいろな大きさの丸が十個かかれてしまうことがありました。

大きさがちぐはぐでも良いのですが、どうも美しくないのが気になっていました。

そのちぐはぐさを補正して、ちょうど良い大きさの丸が書けるようになる指示を、教育トークライン2022年8月号で、村野聡氏が書いています。 https://em-tr271.com/L90494/b300/118411

「教科書の題名の横に丸を十個、鉛筆の底と同じ大きさでかきなさい。」… 続きを読む