「ゲーム障害」が新たな疾病として分類されます

2018/06/18、WHO(世界保健機関)は、新しい国際疾病分類を発表しました。
そこで注目すべきは、「ゲーム障害」を新たな疾病(精神及び行動の障害)として分類したことです。
どういうことかというと、これまで曖昧だった「ゲーム障害」を、正式に病気として認定して、予防や治療にも取り組むことにしたのです。

ちなみに、
ゲーム障害は「Gaming … 続きを読む

「宿題やったの?」と聞くのではなく「なにしようとしてる?」と聞く

ついつい、我が子に向かって「宿題やったの?」と聞いてしまいますね。
そして、子供からは必ず「もうっ、今やろうと思ってたのに」と返ってくるのです。
この会話は、永遠のいたちごっこかなと思っていました。

ところが、ネットを見ていると抜群の回答が発信されていました。それも、お母さんではなく子供が考えた回答なのです。
記事をそのまま転載します。… 続きを読む

「ネガティブハロー効果」を知って、低く見られないようにしよう

外国では、日本では考えられないほど大胆な社会実験をします。
こんな興味深い実験がありました。
「ホームレス風の男性が道で倒れた場合と、スーツ姿の男性が道で倒れた場合で、道行く人たちの反応は違うのか。」
というものです。

結果は、悲しいことにホームレス風の男性が倒れても5分以上も無視されていました。たくさんの人が近くを通っているのに、です。 … 続きを読む

「ハロー効果」を意識して、身だしなみや声をみがこう

実際に、教室に行って見たわけではないのに、「この先生は授業が上手だろうな」と思う先生がいます。
また、これもそんな場面を見たわけでもないのに、「この先生は子供に好かれているだろうな」と思う先生がいます。
なぜ、そう思ってしまうのでしょうか。

「ハロー効果」という認知のゆがみがあります。
ウィキペディアでは、… 続きを読む

「アンカリング効果」でお買い得感をつくる

2018/06/21

チラシやテレビショッピングを見ていると、ついつい買いたくなりますね。
不思議なことに「うん、安い。お買い得。」と思ってしまうのです。
これには、もちろん、そう思わせる秘密があるのです。

では、テレビ放送していた、ジャパネットたかたのふとん乾燥機通販の画面を見てください。… 続きを読む