「極端回避性」バイアスを活用する

昨日話題にした「極端回避性」バイアス(心理的傾向・ゆがみ)は、学校現場においても現れます。
近隣の学校との「横並び」体質もそうですね。企業では差があった方がよいとされるのですが、学校はそうではないようです。

夏休みに入る日や夏休みが終わる日は、学校長の判断で決められるのですが、いつの間にか近隣の学校がみな同じ日程になっています。
これって、夏休みが他の学校より短いと、保護者から「短くて家族で過ごす時間がない」と言われるのではないか、逆に夏休みが他の学校より長いと、これまた保護者から「うちの学校は授業時間はだいじょうぶなのか」と突き上げられるのではないかと学校長が考えるからですね。 失敗を恐れての横並びなのです。

同様に、修学旅行の行き先も学年費の額も、なんだか、いつの間にか「横並び」になっているのです。
「無難」だけど、地域性に沿ったその学校の特色を出せるとは思えません。

さて、かつて教務として、通知表改定の提案をする立場に立ったことがありました。
そんなに大きな改定ではなかったのですが、その際、合わせて通知表に印字する文字のポイントを提案したのです。
とにかく、通知表に書く量が多すぎて、先生たちは悲鳴を上げていました。
それで、印字する文字のポイントを上げることで書く量(文字数)を減そうと考えたのです。

その時の通知表の文字ポイントは10.5でした。
私は3種類の通知表のサンプルを作り、その3種類のうちどれかを選ぶよう提案しました。

一つ目はこれまで同様の10.5ポイント、二つ目は12ポイント、三つ目は15ポイントです。
どれを校長先生はじめ職員は選んだと思いますか。
もちろん12ポイントです。

10.5ポイントは、これまで使っていたにもかかわらず「細かすぎるわねえ、よく見えない。」などと言っていました。
一方、15ポイントは「これは大きすぎますよ。保護者に何か言われちゃいますね。」と言っていました。
私は、もちろん最初から12ポイントをねらっていたので、「そうですか。皆さんがよいというので12ポイントにいたします。」と職員会議を終えました。

このような「極端回避性」バイアスの活用の仕方もあるのです。… 続きを読む

人は真ん中の「竹」を選ぶ

「松竹梅の法則」と言われている法則があります。
そう、人は真ん中の「竹」を選ぶという法則です。

寿司屋やうなぎ屋などのメニューには「松・竹・梅」があります。
もちろん、「松・竹・梅」には価格差があります。
例えば、4000円の松寿司、2000円の竹寿司、1000円の梅寿司です。

それで、この3つのメニューの中からどの寿司を選ぶかというと、人は圧倒的に真ん中の「2000円の竹寿司」を選ぶのです。
このことを、日本では「松竹梅の法則」と呼びます。しかし、一般的には「極端性回避」の心理的傾向と呼んでいます。

それにしても、なぜ真ん中を選んでしまうのでしょうか。

これは、昨日話題にした「損失回避性」で説明できるのです。
1番安い梅寿司を選ぶと、「もしかしたら失敗するかもしれない。安いだけあって、おいしくないかもしれない」と思うのです。
それに、もし彼女とデートしているのだったら、「1番安いものを頼んでケチと思われるかもしれない。それはいやだな」と思うのです。

しかし、
1番高い松寿司を頼むと、その4000円に見合ったものかどうか心配だ。4000円出したのに大したことがない寿司が出てくるかもしれない」と思うのです。 もし彼女とデートしていても、「今月はずいぶん他のことに使ってお金もあまりないし、高いのを頼むと明日から心配だ」と思うのです。

だったら、
ここは「冒険」しないで、失敗しないような「無難」な選択をしようということで、真ん中の竹寿司を選んでしまうのです。
もし彼女とデートしていても、「真ん中の竹寿司だったら一応それなりにカッコつくし、ケチとも思われないだろう」と考えるのです。

この「松竹梅の法則」=「極端性回避」の心理的傾向は、商品の価格設定に一般的に応用されています。
なんでこんな高い商品があるんだろうと思ったときは、その商品は別にそんなに売れなくてよい、本当はその下のランクの商品を売りたいのだと思ってください。

人は自分の意志で選んでいるように見えて、選ばされていることがたくさんあるんですね。… 続きを読む