相対的貧困とは

貧困の捉え・定義には、「絶対的貧困」と「相対的貧困」の二つがありました。
そして、日本では「絶対的貧困」ではなく「相対的貧困」に視点が移っています。
今日は「相対的貧困」について理解を深めていきましょう。

日本では、7人に1人の子供が貧困状態だと言われています。厚生労働省の発表によると「子供の貧困率」が13.9%なのです。
この数値はどのように算出されたのでしょうか。… 続きを読む

絶対的貧困とは

日本では、7人に1人の子供が貧困状態だと言われています。厚生労働省の発表では、「子供の貧困率」が13.9%なのです。
しかし、「7人に1人の子供が貧困」と言われても、おそらくピンとこないと思います。私もそうです。
そのためにも、「絶対的貧困」と「相対的貧困」について理解を深めていきましょう。

貧困の捉え・定義には、「絶対的貧困」と「相対的貧困」の二つがあります。
今日は「絶対的貧困」について。… 続きを読む

「自分と同じ位かな」と思えば自分より相手が上

「ダニング=クルーガー効果」というものを知って、謙虚にならなきゃいけないとあらためて思いました。

社会心理学者であるダニングとクルーガーは、大学生を相手に実際の成績順位と自己評価の関連を調べる実験を行いました。
その実験は、学生を集め、彼らに知的スキル・文法・ユーモアセンスなどについて自己評価させたのです。
そして、その自己評価後、学生の中における自分の順位を推測させました。

すると、成績が悪い学生ほど学生の中における自分の順位を高く評価するという結果が得られたのです。… 続きを読む

「大したことない」「自分はだいじょうぶ」の「正常性バイアス」の罠から逃れ る

西日本をおそった豪雨によって河川が氾濫したことを受けて、避難指示が発令されました。しかし、その避難指示の発令後も、住民が避難せず逃げ遅れて被害が拡大したことがわかってきました。 避難指示が出ているのに、なぜ避難しなかったのでしょう。

この事態を「正常性バイアス」という心理学の用語を使って説明しているサイトが多く見られます。
「正常性バイアス(normalcy bias)」とは、Wikipediaでこう定義されています。… 続きを読む