「サバイバル暗唱」

暗唱を継続的にやってくると、10月、11月ともなると、それなりの数の詩や名文を子供たちが覚えている状態になります。
そんなとき、「サバイバル暗唱」という方法で、これまでの暗唱を復習?したり、暗唱に対する意欲をよみがえらせたりできます。

「サバイバル暗唱」とは、以下のやり方で行います。
1 全員起立して、教師が言った題名の詩文を声をそろえて暗唱する。… 続きを読む

「暗唱」の始めは「細分化」が必要

暗唱は、子供にとって非常に達成感のあるものです。
有名な詩文を、間違えず、つっかからず、何も見ずに空で読み上げる。
暗唱をやり遂げたとき、子供は「やったー」と飛び上がって喜びますし、周りで固唾をのんで聞いていた子たちは盛大に拍手をおくります。

しかし、一番最初から「この詩を覚えなさい」と子供に言っても、覚えられるわけがありませんし、暗唱自体をいやになってしまいます。

「細分化」が必要なのです。… 続きを読む

「秘密の窓」と「盲点の窓」を減らす

昨日は「ジョハリの窓」の4つの窓について学びました。
「盲点の窓」と「秘密の窓」について、考えていただけたでしょうか。

「自分は知らない」「他人は知っている」領域=「盲点の窓」については、他人から自分の知らないクセについて知らされると、「そうだったのか」と恥ずかしくなります。

また、
「自分は知っている」「他人は知らない」領域=「秘密の窓」については、親しい知人なら「これは話してもよい」とか「なんで、これ黙っているんだろう」と疑問に思えるものもあったのではないですか。… 続きを読む

指示を「疑問形」で伝えてはいけない

今日の話題も、向山洋一氏から「わかりやすい話し方」を学びます。

向山氏は、指示を出すときには、明晰な言葉ですぱっと伝えべきだと言います。
そして、指示を「疑問形」で伝えることを痛烈に批判しているのです。

例えばこんな言い方です。

「今日は早く帰ったほうがいいんじゃないかな」… 続きを読む