「サバイバル暗唱」

暗唱を継続的にやってくると、10月、11月ともなると、それなりの数の詩や名文を子供たちが覚えている状態になります。
そんなとき、「サバイバル暗唱」という方法で、これまでの暗唱を復習?したり、暗唱に対する意欲をよみがえらせたりできます。

「サバイバル暗唱」とは、以下のやり方で行います。
1 全員起立して、教師が言った題名の詩文を声をそろえて暗唱する。
2 途中で間違ったり覚えていなかったりした子は、座っていく。
3 みんなが言い終わると、教師が次の題名だけを言う。
4 子供たちは暗唱する。
5 ここでも途中で間違えたり忘れたりした子はその時点で座る。この繰り返し。
6 いったん座ると再び立つことはできない。
7 間違えずに暗唱できた子だけが残っていく。(だから「サバイバル」)

教師は次々と題名を言っていくだけです。
しかし、この「次々と題名を言っていく」ことには、ポイントがあります。
それは、… 続きを読む

「暗唱」の始めは「細分化」が必要

暗唱は、子供にとって非常に達成感のあるものです。
有名な詩文を、間違えず、つっかからず、何も見ずに空で読み上げる。
暗唱をやり遂げたとき、子供は「やったー」と飛び上がって喜びますし、周りで固唾をのんで聞いていた子たちは盛大に拍手をおくります。

しかし、一番最初から「この詩を覚えなさい」と子供に言っても、覚えられるわけがありませんし、暗唱自体をいやになってしまいます。

「細分化」が必要なのです。

「海雀」、それは、かつて光村図書の5年の国語教科書に掲載されていた詩です。

海雀 北原白秋

海雀、海雀
銀の点々、海雀
波ゆりくればゆりあげて
波ひきゆけばかげ失する
海雀、海
銀の点々、海雀

この詩を、暗唱とは何かも知らない、担任したばかりの5年生に教えるわけです。

以下、
変化のある繰り返しで、何度も読んだ後の指導です。

まず、
「海雀 北原白秋」… 続きを読む

「秘密の窓」と「盲点の窓」を減らす

昨日は「ジョハリの窓」の4つの窓について学びました。
「盲点の窓」と「秘密の窓」について、考えていただけたでしょうか。

「自分は知らない」「他人は知っている」領域=「盲点の窓」については、他人から自分の知らないクセについて知らされると、「そうだったのか」と恥ずかしくなります。

また、
「自分は知っている」「他人は知らない」領域=「秘密の窓」については、親しい知人なら「これは話してもよい」とか「なんで、これ黙っているんだろう」と疑問に思えるものもあったのではないですか。

「ジョハリの窓」の4つの窓を、ワークショップによって明らかにすることが行われています。
しかし、「ジョハリの窓」の4つの窓を知った後、どう行動したらよいのかを理解することが大切なのです。

一つ目は、
「自分は知っている」「他人は知っている」領域=「開放の窓」をさらに広げるようにすることです。

これは、「自分は知っている」「他人は知らない」領域=「秘密の窓」を少し開けて、自己開示していくことです。
隠すことなくありのままの自分を他人に示すことで、無用なストレスも「こわばり・強がり」も減らせます。
全部ということはできないでしょうが、自己開示できる事柄を少しずつ増やしたり、自己開示できる他人(親しい仲間)を増やしていくことはできると思います。

二つ目は、
「自分は知らない」「他人は知っている」領域=「盲点の窓」を減らすことです。

これは自分に見えてないだけで、他人は知っているのですから、知ろうと思えば教えてもらえるのです。
これが「アドバイスを受ける」ということです。

ここで注意しなければならないのは、アドバイスを受けて「盲点の窓」を明らかにしてもらう場合、そのアドバイスは自分にとって都合のよいことばかりではないということです。 もしかしたら、都合の悪いことの方が多いかもしれませんね。
ですから、アドバイスを受けるときは、「覚悟」も必要なのです。

アドバイスは、「盲点の窓」を明らかにして、自分の判断・行動の選択肢を増やします。… 続きを読む