鳥取と島根は間違えやすい

「都道府県の名前と場所をどのくらい知っているか」調査で、ワースト4の佐賀県、島根県、山梨県、福井県は、やはり、位置的としても、話題としても、地味なことが大きく影響しています。

しかし、調査では、他の原因があると分析しているのです。
どんな原因なのでしょうか。

神奈川県なのに東京都と書いた間違え、言ってみれば「おしい」間違えがあります。間違って覚えてしまったのです。
そんな「誤答」の分析をすると、いくつかのパターンがあるというのです。

1つ目は
「近隣県と誤認(勘違い)」です。
鳥取と島根、栃木と群馬を誤認しているパターンなどが代表的です。
ちなみに、福井県は石川県・富山県と誤認されています。北陸3県とまとめられているようなのです。
また、山梨県は近隣ではなく埼玉県と誤認され、佐賀県は長崎県と誤認されています。… 続きを読む

小学生が一番知っている都道府県は、東京都ではなく・・・

小学生が一番知っている都道府県は、一番有名で、なにかと話題になる東京都と思いきや、それが、違うのです。東京都は第6位でした。

では、第1位はどこだったのでしょうか?

2003年に、教科書用の地図帳を出版している帝国書院が「各県の認知度」調査を実施しました。これは「都道府県の名前と場所をどのくらい知っているか」を調べたものです。

第1位となったのは、どこかというと、一番北にあって、他の都道府県と区別しやすい北海道でした。言われてみると、なるほどそうだなあと言ってもらえると思います。

では、第2位はというと、これは北海道の逆になります。そう、一番南にある沖縄県です。一番北と一番南、それなら覚えやすいです。なるほどなるほどほど。… 続きを読む