想定外に立ち向かう 「シン ゴジラ」

おはようございます、渡辺喜男です。

先日、テレビの地上波で「シン ゴジラ」を放映していました。ご覧になった方もたくさんいると思いますので、昨年のロードショー時に書いた感想を掲載します。ただし、「ネタバレ」でもありますので、ご注意ください。

「シン ゴジラ」を見てきました。… 続きを読む

本物そっくり 九九免許証

おはようございます、渡辺喜男です。

「九九免許証」という、子どもがすっごく喜ぶ「誉めアイテム」があります。
2年生の子が、算数で学習する九九を全部覚えられたら、そのことを認定して、免許証を交付するというものです。

3年前、私が作った「九九免許証」を2年生の先生に紹介したら、ぜひやってみたいということなので、全学年でやってみました。
2年生の子どもたちからは、… 続きを読む

朝のコンビニに「低い声」は似合わない

おはようございます、渡辺です。

このところ、朝、コンビニに足を運んで、コーヒーを購入、そのまま近くの公園でコーヒーを飲みながら、メールをチェックしたり、ストレッチをしたりするのが習慣になっています。

さて、数日前、同じように、朝、コンビニに行くと、若い女性店員さんが、

「いらっしゃいませ、おはようございます。」

と声をかけてきました。… 続きを読む

教師のお墨付き 「これ、○○さんと同じ考えだ」

おはようございます、渡辺喜男です。

私は「討論」(話し合い)の授業の際、必ずノートに自分の考えを書かせていました。
その上で、これも必ず、ノートを確認していました。
確認のやり方はいろいろあるでしょうが、私は「書けたら、ノートを先生に見せにいらっしゃい」と言っていました。

ノートを確認する目的は、4つです。… 続きを読む

あいつあんなふうに笑うんだなあ

おはようございます、渡辺喜男です。

短歌の世界に、河野裕子短歌賞というのがあります。
産経新聞が主催し、
「女性として、妻として、そして母として、家族と過ごす日常を64歳で亡くなるまで歌に詠み続け、現代の女性短歌をリードした歌人、河野裕子さんの業績を顕彰する賞」で、 「家族や、家族と自分、家族のなかの自分を歌った短歌、愛する人に贈る歌」… 続きを読む