英語を学び直すのなら、一番やさしいところから

大学時代に、申し訳程度に英語を勉強して以来、教師として、仕事を行う上で、英語を使う事はまったくありませんでした。
30年後、あたしの英語力はさびついていました。
趣味にしても、映画にしても、英語など全く使うことはない人生でした。
もともとレベルが低い上に、全く使っていないのですから、私の英語力は、サビにさびています。
ところが、私にとっては、降ってわいたような英語の必修・教科化です。… 続きを読む

「さようなら」をしてからランドセルを取りに行くと

今日も、教務主任をしていた時の「放課後の校内巡視」について書きます。

12月29日のメルマガでは、窓の施錠と電灯の消灯について書きました。
しかし、窓の施錠がしてなかったり、電灯が消灯していなかったりするだけでなく、教室が散らかっていた場合もあったのです。

多くの場合は、担任の先生が出張するので、あわてて子どもを帰したのだと思います。

私は、床に散らかっていたゴミを、拾ってゴミ箱に入れます。… 続きを読む

窓が施錠されていないクラスはだんたい決まっている

教務主任をしていた時、時々、副校長先生に代わって、放課後の校内巡視をしていました。

その校内巡視の途中、窓の施錠などがされておらず、「この先生は、副校長先生にあまり信頼されないな」と思っていました。

放課後の校内巡視の目的は、戸締まり等の確認です。
その確認項目を、私は次のようにしていました。

・窓の施錠… 続きを読む

もっと口を開けて、もっと息をはかないと

もっと口を開けて、もっと息をはかないと、明解な言葉になりませんよ。
そんなアドバイスを、ついついしてしまいました。

先日、若い先生がたくさん集まっているサークルに参加しました。
とても元気のいいサークルです。

教室での実践レポートを数本検討したところで、英語の模擬授業が始まりました。… 続きを読む