英語を学び直すのなら、一番やさしいところから

大学時代に、申し訳程度に英語を勉強して以来、教師として、仕事を行う上で、英語を使う事はまったくありませんでした。
30年後、あたしの英語力はさびついていました。
趣味にしても、映画にしても、英語など全く使うことはない人生でした。
もともとレベルが低い上に、全く使っていないのですから、私の英語力は、サビにさびています。
ところが、私にとっては、降ってわいたような英語の必修・教科化です。
今、学校教育から離れたとは言え、このまま英語をサビつかせたままでは、現職の先生方と話が通じなくなる可能性があります。
少しは英語を勉強しなくちゃ、いや勉強などと大それたことでなく、英語に触れていなくちゃと、考えました。
英語を「0」にしてはいけないと思ったのです。
しかし、どうも、英会話を学ぶのは、気持ちが盛り上がらないのです。
小学校段階での英語は「英語でのやりとり」だとはわかっているのですが、気持ちが盛り上がりません。
いろいろ試してみて、結局、私は英語のやさしい本を読むことにしました。
ladder series というレベルごとに単語量が異なる英語の物語本です。
当然、私はレベル1の本を選びました。
最初の本は、「Beauty and the Beast」でした。
エマ・ワトソンが演じた映画を見ていたことも影響しています。… 続きを読む

「さようなら」をしてからランドセルを取りに行くと

今日も、教務主任をしていた時の「放課後の校内巡視」について書きます。

12月29日のメルマガでは、窓の施錠と電灯の消灯について書きました。
しかし、窓の施錠がしてなかったり、電灯が消灯していなかったりするだけでなく、教室が散らかっていた場合もあったのです。

多くの場合は、担任の先生が出張するので、あわてて子どもを帰したのだと思います。

私は、床に散らかっていたゴミを、拾ってゴミ箱に入れます。
また、ロッカーの上が乱れていたら、少し整頓しておきます。
机も乱れて、明日の朝、子どもが登校してあまり気持ちが良くないと思う時は、まっすぐに整頓しておきました。
まあ、私のサービス?です。

ところが、そんなことが1回であれば良いのですが、校内巡視の際、毎回教室が乱れていたクラスがあったのです。

「まったく、もう」と思いつつ、なぜ、そんなに子どもが帰った後が乱れているのか、私は知りたくなりました。
そこで、子供をどのように帰しているのかそのクラスをのぞいてみました。
いつも、そのクラスは帰るのが遅いので、自分のクラスの子を帰してからのぞきにいったのです。

帰りの会が長々と続きます。
机の上に、何も乗っていません。ランドセルはロッカーの中です。
帰りの会が終わり、「起立」という日直さんの声がかかります。

「おいおい、ランドセルはどうするんだ」と、こちらが思っているうちに、子ども達は立ち上がります。

「さようなら」とみんなであいさつすると、子どもたちは、一目散にロッカーに向かいます。
どおっという感じで、押しよせるのです。
子ども達は、ロッカーからランドセルを取り出し、机に運んでいきます。
そして、教科書やノートを入れると、そのまま三々五々教室を出て行ったのです。… 続きを読む

窓が施錠されていないクラスはだんたい決まっている

教務主任をしていた時、時々、副校長先生に代わって、放課後の校内巡視をしていました。

その校内巡視の途中、窓の施錠などがされておらず、「この先生は、副校長先生にあまり信頼されないな」と思っていました。

放課後の校内巡視の目的は、戸締まり等の確認です。
その確認項目を、私は次のようにしていました。

・窓の施錠
・電灯の消灯
・エアコン、扇風機の電源を切る

これは、普通教室だけでなく理科室・図工室といった特別教室、そして、トイレも該当します。
加えて、廊下、階段も該当するのです。

これを、一番遠くの棟の教室から始めて、しだいに職員室に近づくようにしていました。

いくつか、窓が施錠されていないクラスがあります。
さすがに、窓は閉まっているのですが、施錠されていないのです。
そのクラスは、だいたい決まっています。いつも同じです。

そして、時折、電灯がつけっぱなしのクラスもありました。
それは、昼間の明るいうちに職員室に戻ったのです。
昼間の明るいうちは、電灯がつけっぱなしでもわかりません。しかし、夕方、暗くなれば、明々とついているのがわかります。

こういうクラスも、だいたい決まっています。いつも同じです。

おそらく、いつも同じように窓が閉まっていなかったり、電灯がつけっぱなしなっているクラスの先生は、「仕組み」を使って、放課後の窓閉め、消灯を行っていないのです。

私のクラスの場合です。
帰りのあいさつをする時、日直が「起立」と言うと、すぐさま2つの当番の子が動きます。… 続きを読む