働き方改革、会議は最長1時間半

学校での会議時間は、だいたいどのくらいでしょう。1時間、長くて1時間半だと思います。
私が教務主任を務めていたときは、1時間を目安に職員会議を行っていました。勤務時間内に終わらせるのが常でした。

しかし、研究授業の検討会では、勤務時間をオーバーすることがあったとこは確かです。1時間半を超えていました。
私は、研究主任ではなかったのですが、あのとき何とかならなかったのかと考えてしまいます。

2018年5月22日の福井新聞に、「働き方改革、会議は最長1時間半 福井市教委が具体策、各校へ通知」という記事が掲載されました。 福井新聞 http://supervisor-ex.com/L90494/b100/11371

内容はこうです。
「校内での会議は1時間半を超えないようにし、会議冒頭に終了時間を宣言する。」

本来は、校内での会議は、教務主任を中心に先生たちがコントロールするのですが、もう自分たちでコントロールできる議題の量を超えたということでしょうか。 それとも、先生たちに会議をコントロールする強力な意思が見られないということでしょうか。

残念ながら、そのどちらもだと思います。
それでも、教育委員会の外圧によって、長時間の会議を減らすことにつながったらよいと考えています。

そう、会議冒頭に終了時間を宣言するというのはとても大切です。
リミット・期限があるからこそ、そこに向かって努力するのです。
終了時間を宣言すれば、先生達はこの時刻までに終了させるという意思をもちます。

さて、加えて注目すべきは、PTAに対しても協力を求めていることです。
「PTAを通じ、午後6時以降は緊急時を除き個人的な電話や来校を控えてもらうことや、PTA関連の会議は午後9時までに終えるよう依頼。」

午後6時以降は緊急時を除き個人的な電話や来校を控えてもらうことについては、4/28に大阪市教委の「自動音声ガイダンス」の取り組みとしてメルマガに書きました。 … 続きを読む

スポーツジム 車で行って チャリをこぐ

2018年5月23日、第一生命は、今年で31回目となる「サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表しました。
栄誉ある一位は「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」(あたまで健康追求男/60代/男性)でした。

サラリーマン川柳は、第一生命が企画・発表するコンクールです。
昨年9月から11月にかけて、全国募集した作品(応募数4万7559句)の中から、まず2月に優秀100句を発表し、そしてその優秀作品を対象にファン投票を行って決めました。 http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/index.html

では、ベスト10を掲載します。
1位「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」(あたまで健康追求男/60代/男性)
投票者のコメント「まさにそのとおり!(20代)」「あまのじゃくでクスッと笑えて共感した(30代)」
スイミングクラブやサッカー教室に子供を車を使って送り迎えしてるのってなんか変、と思っているのは私だけでしょうか。

2位「「ちがうだろ!」 妻が言うなら そうだろう」(そら/40代/女性)
3位「ノーメイク 会社入れぬ 顔認証」(北鎌倉人/50代/男性)
4位「効率化 … 続きを読む