ADHDの子の席は一番前

ADHDの子を学習に集中させるためには、教室前面をスッキリさせるなどの「教室の環境を調整」とともに、その子の席をどこにするかがかなり重要となります。

かつて、かなり衝動性が高いADHDの子を担任したとき、始業式のときから3日ほど出席番号順の席にしていて、トラブルが頻発したことがありました。 それは、ADHDの子が前の子の背中を突ついたり、髪の毛を引っ張ったりすることから起こったトラブルだったのです。

すぐに、席替えを行い、そのADHDの子を一番前の席にしました。
すると、トラブルはピタッと起こらなくなったのです。… 続きを読む

子供たちの目に常に入る前面黒板周りはスッキリ

ADHDの子が、その1つしかないワーキングメモリーを、窓から見える運動場のサッカーの様子に使われていたら、学習に集中できるわけはありませんね。

通常の子だったら、例えば3つあるワーキングメモリーのうち1つをサッカーに使われていても、残りの2つで学習することができます。

しかし、そんなことがADHDの子にはできないのです。

ADHDの子を学習に集中させるためには、

「ワーキングメモリーを学習以外のものに使わせない」… 続きを読む

「何、聞いてるんだ。」と叱られたら、いやになる

「聞き返してきたら、感情を入れないで教えてあげる」
くどいとは思いますが、私自身、ADHDの子の特性を知るまで、全くやっていなかったことなので、反省も込めて、もう少し話題にしていきます。

先生が、
「教科書を出してたら、25ページの3の問題をやりなさい」
と指示を出したとたんに、… 続きを読む