仮装してたって、仕事も学習もする

2/22は「忍者の日」なんだそうです。
「ニンニンニン」の語呂合わせで「忍者の日」ですって。

この「忍者の日」に合わせて、忍びの里・甲賀市の職員が、18日から22日まで、忍者姿に変身して仕事をしていました。
なんでも、任務ではなく「忍務」なんだそうです。
面白いです。

この取り組みを、中日新聞はこのように書いています。

「忍者のようにきびきびと仕事をこなします」と、職員らは引き締まった表情。
ただ、衣装は黒のほかにも派手な赤、紫など、まるで忍ぶ様子はない。
目立ちすぎる忍びたちに、来庁者の視線は“金縛りの術”にかかっていた。

中日新聞… 続きを読む