誉め方のバリエーション

誉めることで子供を伸ばす。これが鉄則です。
ただ、誉めることでも、様々な層やバリエーションがあることを知っておくとよいと思います。

教育トークライン(学芸みらい社)という教育雑誌があります。
そこには、毎月、特別付録がついていて、特別な映像を視聴することができるのです。
2019年2月号では、谷和樹氏が誉めることについて語っていました。
(授業の原則第10条激励の原則 谷先生 5 min)

まず、谷氏は誉めることにもたくさんの層があるは言います。… 続きを読む

5つ以上、書きなさい

社会科の授業で写真を見せ、子どもに「これ何だろうなあ?」「どうしてかな?」という問題を見つけさせたり、また、「そうだったんだ!」という答えを見つけさせたりすることがあります。
その時、漫然と「写真を見てご覧なさい。」と子どもに指示しても、あまり効果的ではありません。気の利いた子が、ささっと気の利いた答えを言って、授業が進むだけです。
ほとんどの子は、ぼーっと写真を眺めているだけになります。
そんな時、万能な指示のやり方があります。
それは、

「写真を見て、わかったこと、気付いたこと、思ったことを5つ以上、ノートに書きなさい。」

というものです。
この指示の前半部分は、「わかった!」「こんなのある!」「何してんだろう?」というように、子どものあらゆる判断、気付き、疑問、感想を引き出すものになっているすぐれものです。
ただ、今回のコラムは、この前半部分ではなく、後半部分の「5つ以上」という部分にスポットを当てていきます。
(もちろん、「5つ」というのは「8つ」でも「10個」でもよいのです)… 続きを読む