クイズを作って、問題を出し合う

理科や社会において、覚えてもらいたいという事項があります。
そんな時、その単元が終わったら、自分たちでその単元についてのクイズを作って、問題を出し合うのです。
「クイズを作る」ことで、しっかり記憶することができます。

例えば、鎌倉幕府の「教科書」のページを使うと、

・源氏と戦ったのは誰ですか?

・平氏一族の中心だったのは誰ですか ?

・源氏が平氏を滅ぼしたのはどこですか ?

・源頼朝が幕府を開いたのはどこですか?… 続きを読む

「国際単位系」とは

会計では、どうして数字を3桁ごとに区切るのかを調べていたら、「国によって、表記が変わる」ことを知りました。

日本では、イギリス、アメリカといった英語圏にならって、次のように表記しています。

12,345.67

これは、1万2345点67という小数も含めた数です。
英語圏の国では、

3桁ごとの区切り記号を「,」、小数点を「.」

で表しているのです。

しかし、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガルなどでは、

12.345,67

と表すのです。… 続きを読む

会計では、どうして3桁ごとに区切るのか

算数の「大きな数」の授業においては、「万」「億」「兆」といった、4桁ごとの区切りを教えますね。
ところが、会計に関わる書類を作ったり、見たりしていると、3桁ごとに区切られているのが一般的です。
これって、なぜなのでしょうか。

12 3400 5000
というのは、このように区切って、12億3400万5千と読みますね。

でも、
1,234,005,000
と区切りが、会計においては一般的です。… 続きを読む