落としてはいけない時は、かなりの確率で落とす

マーフィーの法則をご存知ですか。
「失敗する可能性のあるものは、失敗する」というものです。
調べてみると、去年の、7月にマーフィーの法則について書いています。
今日またその法則について触れるとすると、何だかいやな予感がしますね。

ても、私のマーフィーの法則について話す前に、単行本に書かれていることを少しばかり記しておきます。

「間違いのない大切なメールは、送信すると間違いのあるメールとなる」

元は、メールではなく手紙だった法則です。
何度も見返したのに、送信ボタンをクリックした後に気がつくんですね。

「短い列をちょっとでも離れると、たちどころに列が長くなる」

これもあります。
外に出かけてランチ時間。おいしそうな店を見つけて列に並んでいると、携帯に電話がかかってきます。
仕方なく列を離れて携帯にでます。
用件のみで手早く話をすませて列に戻ると、列がズラッと長くなっているのです。

では、私の今回のマーフィーの法則。

町内会の案内状が届きました。
出欠ハガキが入っていましたので、すぐに書いて、玄関にハガキを置きました。
外に出るときに、ついでにポストに入れるのを忘れないためです。

まず、出かけるとき「ポストに入れなくちゃ」と思って、ハガキを鞄に入れて出かけました。
しかし、全くポストに入れることを忘れ、そのまま持ち帰ってきました。

「これではいけない」
次は、ポケットに入れて、出かけました。
ところが、歩いて出かけた道々には、ポストがなかったのです。

「まずいな」と思いつつ、次は、ランニングに出かける時にハガキをポケットに入れました。
ランニングコースにポストがあるのはわかっていました。
家から走り出して5分後、私はポストの前に立っていました。
ところが、ポケットに手を入れるとハガキがないのです。

「やっちまった」
私はすぐに走ってきた道を引き返しました。落ちてないか見つけるためです。
でも、風に飛ばされたのか、ハガキはありませんでした。

結局、私は電話で連絡をして、出席のお願いをしたのでした。

「落としてはいけない時は、かなりの確率で落とす」

ランニングするときはランニングだけに集中しよう。

One thought to “落としてはいけない時は、かなりの確率で落とす”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください