「落ちた落ちたゲーム」のバリエーションが楽しい

幼稚園や保育園でやっているチョー定版の手遊び歌ゲームがあります。
「落ちた落ちたゲーム」です。
もちろん皆さんもご存じでしょうが、落ちてくるもののバリエーションを増やすと、もっと楽しくなるんです。

定番の落ちてくるものといえば、「りんご」、「かみなり」、「げんこつ」ですね。
念のため、どんなふうに教えるか、簡単に書いていきます。

先生が『おーちたおちた』と言ったら、『なーにがおちた』と返してください。

『おーちたおちた』・『なーにがおちた』『りんご』
『りんご』と言われたら、両手をお皿のようにして、りんごをキャッチしてください。
練習してみましょう。
『おーちたおちた』 … 続きを読む

消しゴム1個でできる「プリンゲーム」

少し授業が早く終わってしまった。そんな時に、手軽にできるゲームがあります。
消しゴム1個でできる「プリンゲーム」です。

2人で対戦するゲームです。
隣の子と机をつけ、真ん中に消しゴムを1つおきます。

こんな説明をします。
先生が「おにぎり」と言ったら、右手を挙げて(おー!)と言います。
練習します。
「おにぎり」(おー!)
何度か繰り返します。

「焼きそば」と言ったら、左手を挙げて(やー!)と言います。… 続きを読む

さかなクンの特性、黒柳徹子さんの特性

有名人で、おそらく発達障害だろうと言われている方がいます。

さかなクンは、自閉症スペクトラム障害
黒柳徹子さんは、注意欠如・多動性障害(ADHD)

お二人は、自分の特性を活かした生き方をしていていると思います。

友だちと話しているときに、自分のことばかり話してしまいます。そして、相手の人にはっきりと「もう終わりにしてください」と言われないと、止まらないことがよくあります。周りの人からは「相手の気持ちが分からない自分勝手でわがままな子」と言われてしまいます。
このような発達障害児は、自閉症スペクトラム障害の子です。

彼らは、1つのことにこだわって、ずっとそれを追求します。それは、ドクター(研究者・博士)タイプでしたね。
彼らは、「社会性」のポイントは低くなりますが、大好きな電車のことになると専門家顔負けの知識をもっていて、友だちに感心されます。… 続きを読む